Search
Main Menu
ニュース : 日本アーカイブズ学会2008年度大会

  日 時:2008年4月19日(土)13:30−17:00
            4月20日(日) 9:30−17:30
  会 場:学習院大学(JR目白駅下車5分)
       http://www.gakushuin.ac.jp/mejiro.html
  参加費:会 員 1,000円(学生会員800円)
       非会員 1,500円(学生・一般とも)
  *事前参加申し込みは不要です。


4月19日(土)13:30−17:00(受付開始13:00、会場:南3号館201)

  13:30−      *総会
  16:00−17:00 *大会講演会
               石井米雄(国立公文書館アジア歴史資料センター長)
                「歴史研究とアーカイブズ」
  17:30−19:30 *懇親会 (会場:学習院大学輔仁会館 会費:3,000円)


4月20日(日)9:30−17:30(受付開始9:00、会場:北1号館201・401)

  ◎自由論題研究発表会

     【会場:北1号館201教室】9:30−11:30

     ●齊藤康則(東京大学大学院人文社会学系研究科)
     「社会学における質的データの電子化の試み
     ―炭鉱都市・夕張をフィールドとした『北大・生活社会学研究会』の調査データに即して―」

     ●平松晃一(名古屋大学大学院環境学研究科)
     「“空間アーカイブズ”の提案
     ―再開発地区における記憶と記録を残す方法として―」

     ●研谷紀夫(東京大学大学院情報学環)
     「近現代資料整理への現状記録法の適用とそのアーカイブにおける活用」

     ●相原佳之 石田徹 蔵原大 黒木信頼 中村元 平野宗明 牧野元紀(アジア歴史資料センター)
     「『アジア歴史資料センター』におけるデータベース構築作業の回顧と展望
     ―我が国のデジタル・アーカイブの可能性に向けて―」


     【会場:北1号館401教室】9:30−12:00

     ●鈴木宏宗(国立国会図書館主題情報部)
     「国立国会図書館における上野図書館文書について」

     ●筒井弥生(学習院大学大学院人文科学研究科)
     「『渋沢栄一伝記資料』収録資料のアーカイブズ学的考察」

     ●竹永三男(島根大学法文学部)
     「日本近現代史研究史料としての地方長官会議関係文書
     ―国公立文書館所蔵の地方長官会議関係文書の調査をもとに―」

     ●清水惠枝(静岡大学大学院情報学研究科)
     「地方自治体の公文書館と文書管理システム」

     ●明星聖子(埼玉大学教養学部)
     「文学アーカイブズと編集文献学の関連をめぐって
     ― 一文学研究者からの問題提起―」


   ◎シンポジウム(13:30−17:30)【会場:北1号館201教室】

     「アーキビスト資格制度の構築にむけて」
     ●森本祥子(国立国語研究所研究員)
     ●高橋実(国文学研究資料館教授)


   お問い合わせは下記まで
     〒171-8588 東京都豊島区目白1-5-1
     学習院大学文学部高埜研究室気付
     日本アーカイブズ学会事務局
     Fax : 03-5992-1156 E-mail : office@jsas.info



投稿者: jsas 投稿日時: 2008-3-2 21:16:00 (7757 ヒット)
印刷用ページ このニュースを友達に送る
Copyright © 2003-2017 The Japan Society for Archival Science. All rights reserved.