Search
Main Menu
2008年度大会
 日 時:2008年4月19日(土)13:30−17:00
          4月20日(日) 9:30−17:30
 会 場:学習院大学(JR目白駅下車5分)
       http://www.gakushuin.ac.jp/mejiro.html
 参加費:会 員 1,000円(学生会員800円)
      非会員 1,500円(学生・一般とも)

4月19日(土)13:30−17:00(受付開始13:00、会場:南3号館201)
  13:30−    *総会
  16:00−17:00 *大会講演会
           石井米雄(国立公文書館アジア歴史資料センター長)
             「歴史研究とアーカイブズ」
  17:30−19:30 *懇親会 (会場:学習院大学輔仁会館 会費:3,000円)

4月20日(日)9:30−17:30(受付開始9:00、会場:北1号館201・401)
◎自由論題研究発表会
【会場:北1号館201教室】9:30−11:30
齊藤康則(東京大学大学院人文社会系研究科)
 「社会学における質的データの電子化の試み−炭鉱都市・夕張をフィールドとした『北大・生活社会学研究会』の調査データに即して−」
平松晃一(名古屋大学大学院環境学研究科)
 「“空間アーカイブズ”の提案−再開発地区における記憶と記録を残す方法として−」
研谷紀夫(東京大学大学院情報学環)
 「近現代資料整理への現状記録法の適用とそのアーカイブにおける活用」
相原佳之 石田徹 蔵原大 黒木信頼 中村元 平野宗明 牧野元紀(アジア歴史資料センター)
 「『アジア歴史資料センター』におけるデータベース構築作業の回顧と展望−我が国のデジタル・アーカイブの可能性に向けて−」

【会場:北1号館401教室】9:30−12:00
鈴木宏宗(国立国会図書館主題情報部)
 「国立国会図書館における上野図書館文書について」
筒井弥生(学習院大学大学院人文科学研究科)
 「『渋沢栄一伝記資料』収録資料のアーカイブズ学的考察」
竹永三男(島根大学法文学部)
 「日本近現代史研究史料としての地方長官会議関係文書−国公立文書館所蔵の地方長官会議関係文書の調査をもとに−」
清水惠枝(静岡大学大学院情報学研究科)
 「地方自治体の公文書館と文書管理システム」
明星聖子(埼玉大学教養学部)
 「文学アーカイブズと編集文献学の関連をめぐって− 一文学研究者からの問題提起−」

◎シンポジウム(13:30−17:30)【会場:北1号館201教室】
   「アーキビスト資格制度の構築にむけて」 
 本会は、先の2006年度大会シンポジウム「アーカイブズ専門職の未来を拓く」(司会:安藤正人本会委員)において大学や研究機関など様々な立場からの発表をいただき、その範囲や要点について一定の成果を得た。また2006年10月には本会が共催して第2回アジア太平洋アーカイブズ学教育国際会議「電子時代におけるアーカイブズ学研究とアーカイブズ学教育」を開催し、欧米諸国だけでなくアジアにおけるアーカイブズ学教育の取り組み内容と国際的水準を映し出すこととなった。そしてこれらに呼応するように、大学等における教育の展開、アーカイブズ関係機関協議会の設立、政府・マスコミにおけるいわゆる公文書管理への注目と主要課題化が進んでいる。
 このような中、「アーカイブズの教育・普及」を課題の一つに掲げる本会は、より適正な資格制度を模索し、社会にアーキビストを輩出していかなければならない使命をもつといえよう。このために、委員らによる二本の共同的報告をたて、シンポジウム形式により<適正な資格制度>について討議した。

高橋実(国文学研究資料館教授)
 「日本におけるアーキビスト資格論議の歩みと資格制度提言」
森本祥子(国立国語研究所研究員)
 「専門教育の必要性とカリキュラム案」
プリンタ出力用画面 友達に伝える
Copyright © 2003-2017 The Japan Society for Archival Science. All rights reserved.