Search
Main Menu
日本アーカイブズ学会2007年度大会
 

日 時:2007年4月21日(土)13:00−17:00
       4月22日(日) 9:30−18:00

会 場:学習院大学(JR目白駅下車5分)
     http://www.gakushuin.ac.jp/mejiro.html

参加費:会 員 1,000円(学生会員800円)
    非会員 1,500円(学生・一般とも)

*事前参加申し込みは不要です。

4月21日(土)13:00−17:00(受付開始12:30、会場:南3号館201)

13:00−      *総会

16:00−17:00   *大会講演会
                  樺山紘一(印刷博物館館長)
                  「博物館と文書館のあいだ」

17:30−19:30   *懇親会
       (会場:学習院大学輔仁会館 会費:3,000円)

 

4月22日(日)9:30−17:30(受付開始9:00、会場:北1号館201)

◎自由論題研究発表会

【会場:北1号館201教室】9:30−12:30

●江良智美(慶應義塾大学大学院文学研究科)
  「舞台衣裳アーカイブズ構築へ向けて
  −国内外事例報告と関連分野の研究状況−」

●加藤厚子(映画専門大学院大学映画プロデュース研究科)
  「映画関連企業資料の現状と問題点」

●吉川也志保(一橋大学大学院言語社会研究科)
  「フランスにおける記録資料の保存」

●加藤雅久(居住技術研究所)
  「伊藤憲太郎旧蔵資料について
   −昭和期建設・建材行政資料の概要と建材史資料としての有用性−」

●清水惠枝(静岡大学大学院情報学研究科)
  「自治体と公文書館が共有する行政文書データ記述モデルの一試案
   −都道府県公文書館における行政文書目録記述実態調査から−」

●橋本貴(神戸学院大学人文学部)
  「メタデータ定義におけるDublin CoreとJIS-Z-6017および
  その他先行事例との整合性の問題について
   −平井金三文書画像データベースシステム構築企画を事例として−」

【会場:北1号館401教室】9:30−12:00

●葦名ふみ(国立国会図書館主題情報部)
  「『文書のなかの写真』再考 −国立国会図書館憲政資料室の事例から−」

●尾崎泰弘(飯能市郷土館)
  「写真史料学試論 −台紙付写真の分析から−」

●菅真城(大阪大学文書館設置準備室)
  「大学の『自己点検・評価』・『教育研究』活動と大学アーカイブズ」

●清水善仁(京都大学大学文書館)
  「大学アーカイブズの理念を考える−SAAガイドライン(1999)を手掛かりに−」

●上島有(摂南大学名誉教授)
  「アーカイブズとしての古文書とその歴史情報
   −建久2年源頼朝袖判御教書案をめぐって−」

◎シンポジウム(13:30−18:00) 【会場:北1号館201教室】

 「アーカイブズの<力>−歴史からの検証−」

13:30−13:40  趣旨説明

13:40−14:40  冨善一敏(東京大学経済学部文書室)
             「近世日本のアーカイブズ−利用の側面を中心に−」

14:40−15:40  渡辺佳子(京都府立総合資料館)
             「日本における近代アーカイブズの萌芽
             −明治期の行政機関の文書管理制度を中心に−」

15:40−15:55  休憩

15:55−16:55  太田富康(埼玉県立文書館)
             「現代日本における行政アーカイブズの力
             −公開と利用の歴史的検証−」

17:00−18:00  ディスカッション (司会:水野保)

お問い合わせは下記まで
   〒171-8588 東京都豊島区目白1-5-1
   学習院大学文学部高埜研究室気付
   日本アーカイブズ学会事務局
   Fax : 03-5992-1156 E-mail : office@jsas.info

プリンタ出力用画面 友達に伝える
Copyright © 2003-2017 The Japan Society for Archival Science. All rights reserved.