Search
Main Menu
設立趣意書
 

 私たちは、コンピュータの飛躍的発展により、かつて人類が経験した「話す世界」から「書く世界」への変化に等しいような情報変革の時代にさらされている。
この時代は、いままでに遺されてきたアーカイブズに関する情報の提供方法を変えつつあるのみならず、今後作成され、収受され、保存される記録のあり方を根本的に変えることをも強要している。

 このような状況にもかかわらず、証拠書類として永久に遺される記録、すなわちアーカイブズを将来に十全に遺していくための学問的研究は、この日本にどれほど培われてきたのであろうか。残念ながら、はなはだ不十分であるといわざるをえない。
それ故に、私たちは,日本のみならず世界に遺されたアーカイブズ、そして将来のアーカイブズとなる記録の生成、保存及び活用についての理論と技法を研究し、実践するため、この学会を創設することとした。
アーカイブズは、団体、家および個人が作成し、収受し、保存されてきた記録からなり、手書きや印刷された紙媒体のもの、電磁的記録のもの、そしてオーラルヒストリーなどからなっている。

 このアーカイブズに関する科学的研究は、(1)アーカイブズの管理に関する研究、(2)アーカイブズの成立・構造・伝来などに関する研究、(3)アーカイブズの教育・普及に関する研究などから構成されており、歴史学、社会学、情報学など既存の様々な学問分野の学理と連携しつつ、独自な領域をもつものである。この科学的研究は、アーカイブズの保存及び関連する諸課題の解決に資するという役割を担うものでもある。
また、この科学的研究と同時に、アーカイブズの保存及び関連する諸課題に対する実践を、このアーカイブズの科学的研究に関わるものは求められている。
アーカイブズに関する科学的研究と実践を担うものとしてアーカイブズ学を構築し、アーカイブズの適切な生成、保存、活用による平和で豊かな民主社会の実現に資するため、このアーカイブズ学会を設立する。

2003年10月4日

日本アーカイブズ学会(仮称)設立発起人

 青山 英幸浅古  弘アンソニー・ジェンキンズ安藤 福平
 安藤 正人石原 一則内田九州男大河原知樹太田 富康
 大藤  修大友 一雄神谷  智神立 孝一吉良 芳恵
 久保田昌希久留島 浩毛塚 万里 小風 秀雅 定兼  学
 佐藤 勝巳菅原 憲二鈴木 邦男高野  修高埜 利彦
 高橋  実高松 洋一武内 房司立川 孝一田中 康雄
 谷本 晃久戸島  昭冨善 一敏富田 正弘中野  等
 中野目 徹永田 治樹永村  眞西村  健広瀬 良弘
 福井 憲彦藤井 譲治藤吉 圭二保坂 裕興保立 道久
 松井 輝昭松尾 正人水口 政次水嶋 英治水野  保
 宮崎 克則森本 祥子八重樫純樹山陰加春夫山崎 一郎
 横山 伊徳吉井 敏幸吉田 千絵吉田 伸之渡辺 佳子
プリンタ出力用画面 友達に伝える
Copyright © 2003-2017 The Japan Society for Archival Science. All rights reserved.