Search
Main Menu
『アーカイブズ学研究』第21号要旨«No.21 Abstracts»
<第21号>«No.21»
 
アーカイブズ学会の設立、その成果、そしてこれから
The establishment of the Japan Society for Archival Science and ten years of its activity
(森本祥子 Sachiko MORIMOTO)
 
   2004 年に日本アーカイブズ学会が設立され、今年で10 年となった。始めに、学会が何を目指して設立され、どのようにアーカイブズ理解を広めるのに関わってきたかを振り返る。またこの10年はアーカイブズを取り巻く環境が大きく進展した10 年でもあった。そうした社会の変化も概観し、それらが日本アーカイブズ学会の取り組みと重なり合って発展してきた日本のアーカイブズの現状を確認する。最後に、この10 年でのアーカイブズ・コミュニティの拡大は評価しつつ、それを支える基盤強化に取り組む必要性について指摘する。
 
   It has been ten years since the establishment of the Japan Society for Archival Science(JSAS)in 2004. This article first reviews the original aim of the society and analyzes how it endeavored to promote a wide discussion on archival science as well as to promote the idea of archives through its ten years of activities. As this decade has also been a time of great change in the archival environment in general, the achievement of the Japanese archival community, including the contribution of JSAS activities, is analyzed next. The article concludes by suggesting what JSAS should do to further consolidate the position of the archives sector in the next ten years.
 
企業アーカイブズを持続可能なものとする:日本的経営におけるアーキビストとは?
Marking corporate archives sustainable: Archivists in Jpanese-style management
(松崎裕子 Yuko MATSUZAKI)
 
   本稿では、日本において組織アーカイブズとしての企業アーカイブズが持続可能であるための優先課題を考える。まずアーカイブズは、企業活動における価値創出に貢献することが必要である。しかし「日本的経営」には「企業内異動と内部昇進」や「新規学卒一括採用」等の特徴があり、専門の大学院課程修了者がアーカイブズ専任正規従業員として新規に採用されることは構造的に難しい。本稿では関係者への聞き取りを基に、アーカイブズが経営の意思決定機関の近くに位置づけられることの重要性、経営層への働きかけ、とりわけCSR 的観点からのアーカイブズの今日的意義の強調の必要性、社内異動者に対する効果的研修プログラムの開発と専門的な教科書の必要性、といった点を提起する。
 
   This study considers the priorities for the sustainable development of corporate archives in Japan. First, corporate archives must create value, because this will highlight their importance for the company’s management. Second, Japanese-style management, characterized by internal transfer and promotion and the simultaneous recruiting of new graduates, creates structural difficulties for a company to hire people with a master’s degree in archival science as regular permanent employees. Based on interviews with a group of corporate officials who have work experience in corporate archives or museums, this study finds the following: (1)archive management should be positioned close to the decision-making bodies in the organization;(2)its contemporary significance in terms of CSR needs to be communicated to managers and management; and(3) effective training for in-house transferees, including the compilation and use of reliable professional textbooks, is indispensable.
 
輸入学問からその先へ:アーキビスト協会設立前後の米国におけるアーカイブズ原則の受容
The import of the archival principles and beyond: The first decade of the Society of American Archivists
(坂口貴弘 Takahiro SAKAGUCHI)
 
   本稿では、1936年の米国アーキビスト協会設立の前後において、欧州由来のアーカイブズの原則・方法論がいかに米国のアーカイブズ界に受け入れられ、解釈され、適用が試みられたかについて、米国国立公文書館等が所蔵する一次資料を参照しつつ考察する。米国でフォンド尊重の原則をめぐる検討が本格化したのは、1934 年の国立公文書館設立後のことであった。その結果、米国政府文書の実態を踏まえた文書群単位として「レコードグループ」が考案され、その記述では当該文書群の現用段階におけるファイリング方式が重視されている。つまり同館において、フォンド尊重の概念は移管され始めた大量の連邦文書の整理・公開を進めるための実践的解決策として解釈され、応用されたのであった。
 
   This article explores how European-based archival principles and methodologies were accepted, interpreted, and applied in the American archival community around the formative years of the Society of American Archivists, based on the analysis of the records of the National Archives and Records Administration. It was after the establishment of the National Archives in 1934 that the concept of respect des fonds began to be studied in earnest. The staff of the Archives devised the Record Group concept, taking into consideration the status of the U.S. federal government records. In the finding aids of the Record Groups, they respect and describe the filing schemes that were used during the current stage of the records. The principle of respect des fonds was interpreted and used as a practical solution in order to enhance the description of and access to the federal records that began to be transferred enmasse.
 
学校アーカイブズの地域保存と住民利用
Preservation and local residents' utilization of school archives
(嶋田典人 Norihito SHIMADA)
 
   地域の過疎化と学校の統廃合が進む中で、学校アーカイブズは散逸・亡失の危機に直面している。学校アーカイブズに価値を見出し、学校アーカイブズは、「歴史資料として重要な公文書」として、文書・記録のライフサイクルの中で保存されるべきである。保存し管理されるだけではなく、利用されなければならない。学校アーカイブズを保存・利用するためには、地域に公文書館が必要である。つまり、地域で確実に保存し、住民の利用できる組織体・施設が学校アーカイブズの「受け皿」となる。
 
   School archives are at risk of being scattered or lost when schools are closed or reorganized. School archives should be appreciated and be preserved as “historically important official documents” in the life cycle of documents and records. They should be not only preserved and managed but also utilized by residents. To achieve these goals, each local community must have a public records office. In other words, the public records office, which ensures the preservation and public availability of official documents, can act as a repository for school archives.
 
尼崎における学校資料とレファレンス
School archives and reference: The case study of Amagasaki
(城戸八千代 Yachiyo KIDO )
 
   学校資料に関する尼崎市立地域研究史料館の取り組みは、他館と比べて進んでいるとは言い難い。しかし日常のレファレンス業務では、学校関係の相談に対しても、史料館で手に入る資料をもとに相談に答えていかなければならない。そうした当館の学校資料の現状を報告するとともに、実際のレファレンス事例を通じて、学校資料に求められるものについて述べる。
 
   The Amagasaki Municipal Archives(AMA)collects school records and publications, but its daily reference activities are not enough to keep up with requests. We report on the situation concerning the school archives of the city of Amagasaki. Then, using examples, we describe the needs of school-archive users.
 
 
 
プリンタ出力用画面 友達に伝える
Copyright © 2003-2017 The Japan Society for Archival Science. All rights reserved.