Search
Main Menu
『アーカイブズ学研究』第15号要旨«No.15 Abstracts»
 
<第15号>«No.15»
 
 
国立公文書館におけるデジタルアーカイブの取組み
Efforts in Digital Archiving at the National Archives of Japan
(八日市谷哲生 Tetsuo YOKAICHIYA)
 
  国立公文書館は、国の機関などから移管を受けた歴史公文書等について保存し、一般の利用に供するなどの業務を行っている組織である。
平成13年、館は独立行政法人化されるとともに、アジア歴史資料センターが館の組織として新たに開設された。
また平成23年4月に、「公文書等の管理に関する法律」(平成21年7月1日法律第66号)が施行され、新たな公文書管理制度下における業務が開始されたところである。

本稿は、国立公文書館におけるデジタルアーカイブ化の取組みに関し、その基本的な考え方や方向性、インターネットを通じて館所蔵資料を利用できる「国立公文書館デジタルアーカイブ」、そして「ボーン・デジタル」への対応である「電子公文書等の移管・保存・利用システム」等について、その概要を紹介するものである。
 
  The National Archives of Japan(NAJ)is an organization for preserving historical records and archives transferred from state organs,and providing them for public use.
In 2001,the National Archives of Japan formally became an incorporated administrative agency, and the Japan Center for Asian Historical Recordswas opened under the NAJ.
In April 2011,the Public Records and Archives Management Act(Act No.of July 1,2009)came into effect,which started the new management system under the law.

This paper will introduce efforts in digital archiving at the National Archives of Japan, including the basic concepts and policy direction, the“Digital Archives”that make it possible to access our holdings via the Internet,and the“Electronic Records Archives of Japan”that is our solution for“borndigital.”
 
 
公共放送によるインターネット時代のコンテンツ展開―NHK戦争証言アーカイブスのこころみ―
Contents development in Internet-age public broadcasting:NHK War Testimony Archives
(宮本聖二 Seiji MIYAMOTO)
 
  NHKでは、2009年8月からインターネットで戦争体験を伝えていく「戦争証言アーカイブス」というサイトの公開を始めた(http://www.nhk.or.jp/shogenarchives/)。
NHKが取材して、収集した国内外の戦争体験者およそ600人の証言を中心に、関連するコンテンツを広く公開している(証言者数は2011年8月現在)。
2012年夏まで、月に1回20人から30人ずつ証言を増やし、最終的には1000人規模の証言アーカイブにする予定である。

NHKは2007年に、「戦争証言プロジェクト」をスタートさせた。
このプロジェクトの目的は、衛星ハイビジョンチャンネル(現在は衛星プレミアム)で放送する「証言記録兵士たちの戦争」(月に1回の放送)を制作し、その取材の過程で収集した戦争体験者のインタビューのビデオテープから、番組で放送したインタビューとは別に長時間の証言動画を作って、インターネットでも公開しようというものである。

太平洋戦争終結から60年を超え、戦争体験をどのようにして継承していくかという、わたしたちの社会が抱える課題へのひとつの試みであり、動画コンテンツをテレビだけでなくインターネットで見る時代における公共放送としての試みでもある。
戦争体験をインターネットで伝えるために証言の動画をどのように見せるのか、サイトの構造をどのようなものにするのか、証言の理解を助けるために証言以外のコンテンツに関してどのようなものを公開するのか、プロジェクトをスタートさせてから、公開に至るまでに議論と検討、制作に一年を費やした。
制作の過程、アーカイブスの構造、公開から2年を経過してどのように利用され、何が課題なのかを検証する。
 
  In August, 2009, NHK established its“War Testimony Archives”for the purpose of publishing the personalexperience of war(http://www.nhk.or.jp/shogenarchives/).
At the site there are approximately 600 recorded recollections of people both in Japan and abroad who were willing to pass on what they remembered.
They were gathered by means of NHK interviews, along with related material, and are available to the public.
As of August 2011, 600 testimonials had been uploaded.
NHK is planning to increase the number of interviews from 20 to 30 per month, ultimately gathering 1,000 testimonies for the archive by the summer of 2012.

NHK started the“War Testimony Project”in 2007.
It aims to produce“Recorded Testimonies: The Soldiers’War,”a monthly program for the BS Hi-Vision channel(currently BS Premium),then to generate different and longer testimonial videos from the collected interviews for release on the web.

Over 60 years have passed since the end of the Pacific War.
This is our attempt to examine the challenge faced by our society as to how to pass down the experience of conflict, and, as a public broadcasting organization, how to provide footage both on television and the Internet.
At thebeginning theproject,weset aside a year before opening the site in order to debate and examine the many issues involved in setting it up, such as the way of presenting war testimonials on the web, site structure, and necessary contextual content for comprehension of the testimonials.
The site has now been running for two years.
We will be monitoring remaining problems by examining the production process, structure of the archives, and how the site has been utilized up to now.
 
 
デジタルアーカイブの15年―それが意味するもの―
Fifteen Years of Digital Archives: Wherein lies the meaning?
(笠羽晴夫 Haruo KASABA)
 
  デジタルアーカイブというコンセプトは今から15年近く前にあらわれてきた。
当初は文化遺産がその主対象で、これらを高度なマルチメディア・デジタル技術で記録することが推進された。
また地域振興の観点からは、デジタルアーカイブは各地域のアイデンティティ定義に適用された。
いくつかの大きな事業が長続きしなかったなかで、当初一般的ではなかったアーカイブズ学とのタイトな結びつきを得ながら成長したデジタルアーカイブもある。
そのアーカイブズ学についていえば、デジタル記録とネットワークによるアクセスは、現在必須事項となっている。
本稿ではこのようなプロセスを、歴史的考察の観点から、事例を交えながら記述するとともに、将来への課題を提示する。
 
  The concept“Digital Archives”emerged and became current about fifteen years ago.
Initially,theimaging of cultural assets of great value was the main objective.
They were recorded using high-level multimedia digital technology.
Furthermore,as regards regional promotion,digital archives were applied to defining the identity of each region in Japan.
While several major projects found themselves unable to continue,other digital archives continue and have developed and acquired close and strong relations with archival science,relations which were not so central in earlier days.
As for archival science,nowadays digital recording and network access areessential.
In thispaper,that process is described with examples while several potential problems are raised in historical perspective.
 
 
論文
 
 
帝国と植民地における不均衡残存記録の構造と植民地支配の特徴―朝鮮総督府の山林資源記録を中心に―
Colonial Korea and Imperial Japan:Structure,Imbalance and Characteristics in Surviving Public Records
(金慶南 Kyungnam KIM)
 
  本稿において筆者は、かつての帝国と植民地にまたがって記録が不均衡に残存する構造を分析するために,日本と植民地朝鮮の山林資源分野の行政決裁システムと原本の保存構造について検討した。
その結果、法令、予算、人事に関する決定権限は日本の内閣にあり、主要な事項はすべて天皇の決裁を受けたことが明らかになった。
これに伴い、関連する主要な記録の原本は全て日本の国立公文書館に所蔵されることとなり、韓国の国家記録院に残されている山林資源関連記録の原本は、そのほとんどが施行に関連する記録であることを示す。
すなわち、朝鮮総督府記録が日韓に不均衡な形で残存することになったのは、戦争、日本人の引揚げなどによる廃棄・散逸も大きな原因だが、より根本的な理由として帝国と植民地の決裁システムにあることを指摘する。
 
  This article examines the forest-resource approval system of the Japanese government in colonial Korea.
Its purpose is to analyze the unequally distributed remaining public records as they were generated in imperial Japan andcolonial Korea.
As aresult,the decision-making authority onlaws,budget control and personnel affairs was the responsibility of the Japanese Cabinet and it became clear that those important policies also had to gain approval from the Emperor.
As a result,all the originals of the important records are preserved at the National Archives of Japan,while the records related to forest resources held in the National Archives of Korea are merely records of executive action.
In other words,one reason why the records of the Government General in Korea remain unequally distributed between Japan and Korea was thewar,especially their resulting destruction or dispersal by the Japanese at the time of their withdrawal.
However,as indicatedalready,an even more fundamental reason can be identified -the colonial ratification system.
 
プリンタ出力用画面 友達に伝える
Copyright © 2003-2017 The Japan Society for Archival Science. All rights reserved.