Search
Main Menu
『アーカイブズ学研究』第10号〜第11号要旨«No.10-11 Abstracts»
 
<第10号>«No.10»
 
アジア歴史資料センターから見たデジタル・アーカイブズの現在と展望
Digital Archives : A view from the Japan Center for Asian Historical Records
(平野宗明 Muneaki HIRANO)
  本稿では、アジア歴史資料センターのデータベース構築作業を担ってきた調査員の立場から、デジタル・アーカイブズの現在と展望を考えたい。まず、センターにおけるデータベースの構成とその概念について述べる。次に、このデータベースの利用、すなわち資料へのアクセスをめぐって、検索等の機能を確認した上で、データベースの精度に関するいくつかの問題を紹介する。最後に、開設準備段階からのアジア歴史資料センター構想を簡単に振り返りつつ、現在のセンターの機能や位置付けを確認する。この中では、とくに公共のデジタル・アーカイブとしてのセンターの課題と取り組みを見ることを通して、デジタル・アーカイブズの展望へと目を向ける。
 
  This article deals with the present situation and the perspective on digital archives from the standpoint of the staff making a database at the Japan Center for Asian Historical Records. First of all, the structure and the concept of the database are described. Next, after discussing the conformation of functions such as the retrieval system for archival access, we report on some problems relating to the precision of the database. Finally, the function and the position of the Center are discussed by reviewing the Center's preparation plan. Views on digital archives are discussed, in particular by means of examining the problems and management of the Center as a public archives institution.
 
「デジタル化」とアーカイブズ −“正倉院文書データベース”と近代史料のデジタル化を通して
Digitization and Archives : Through the conformations of ‘SOMODA’ and the Modern Historical Materials Database
(後藤真 Makoto GOTO)
  本稿は、アーカイブズのデジタル化について、若干の事例紹介と、アーキビストへの提言を行ったものである。正倉院文書のデータベース化の事例と、「上田貞治郎古写真コレクション」のデータベース化の事例について述べた。これらは、史料の現状と原状の構造に配慮しつつデータベース化を行っている点において共通している。また、研究の要請にしたがって作成されているという特徴を持っている。アーキビストが、デジタル化を行う際の不満は、これらの研究の要請にしたがうものが効果的に作成されない点にあるのではないかと考える。そのため、後段では、筆者はデータベース作成の経験をもとに、アーキビストが「アーキビストのためのデジタルデータ」を作成するためのいくつかの提言を行った。
 
  This article introduces some cases of archival digitalization and proposes methods of records digitalization to archivists. First, the author discusses some cases of database creation, e.g. the Shoso-in documents and the photo collection of Teijiro Ueda. What these databases have in common is respect for archival method. Moreover, these databases are also characterized by response to researcher demand. However, the author is aware that archivists might be dissatisfied with the outcome in meeting certain research demands. Thus, lastly, the author offers some propositions to archivists for making 'digital data for archivists'.
 
  *執筆者による要旨。第10号に収録されている他の記事には、要旨がない。
 
<第11号>«No.11»
 
アーカイブズ理解の50年/公文書管理法への50年
50 Years of Archival Understanding and the 50 Years that Led to the Public Documents and Records Management Act
(太田富康 Tomiyasu OTA)
  2009年は「日本最初の文書館」といわれる山口県文書館設立から50年という記念すべき年にあたる。同館は、その設立に際し、海外のアーカイブズにその性格と機能を学び、「文書館は民主主義の原理の上に立つものである」との理解に至った。そこからの50年目に公文書管理法がある。その第1条「目的」によって、山口の理解は日本全体の法的認識として位置づけられた。そこに至る50年を、2つの定義を持つアーカイブズの理解、institutional archives とcollecting archivesという2つの類型を軸に考える。
 
  The year 2009 is the 50th anniversary of the founding of the Yamaguchi Prefectural Archives, which are known as “Japan’s first archives”.On the occasion of its establishment, the Yamaguchi Prefectural Archives absorbed its character and functions from overseas archival institutions and reached the understanding that“archives are based on a democratic principle”.As it arrived at its 50th year, the Public Documents and Records Management Act was passed.The outlook of Yamaguchi Prefectural Archives has been legally recognized as a national standard in article 1 of the act, titled “Purpose”.I present this study of the process of 50 years centering on two archival concepts (institutional archives and collecting archives).
 
山口県文書館と50年
50 Years of Yamaguchi Prefectural Archives
(山一郎 Ichiro YAMASAKI)
  本論文は、1959 年、日本で最初に設置された山口県文書館の50年を振り返り、文書館設置に至る経緯と、設置後の業務運営の変遷について検討した。第1に、山口県文書館の概要を示すとともに、閲覧者人数の動向など50年間の推移をデータで示した。第2に、山口県文書館設置以前の山口県立山口図書館の動向を検討し、その前史が文書館設置にどのような影響を与えたのかを明らかにした。第3に、文書館設置後の業務運営のあり方を検討し、文書館の直面する課題を解決するための事業選択が行われたことと、それがその後の業務に与えた影響について述べた。
 
  The objective of this article is to describe the 50-year history of the Yamaguchi Prefectural Archives since its establishment in 1959. First, the outline history of that institution is described and the data on researcher numbers and their backgrounds are analyzed. Secondly, the activities of the Yamaguchi Prefectural Library preceding the establishment of the Archives are examined in order to discuss how it influenced the nature of the archives. Thirdly, based on an analysis of the vicissitudes of archives’ policy, the author points out that its decisions always reflected the problems it faced at that particular time and he discusses how they led to the development of the activities pursued at the Archives.
 
アーカイブズ編成・記述・検索システム論の成果と課題
Archival Arrangement, Description, and Retrieval Systems: Results and Problems
(清水善仁 Yoshihito SHIMIZU)
  日本のアーカイブズ50年―Archives Japan 50―を振り返るにあたり、本稿では編成・記述・検索システム論の側面からその成果と課題を考察する。筆者が所属する京都大学大学文書館での「所蔵資料検索システム」構築の経験を手掛かりに、検索システム論については現在の検索システムの動向とその背景、編成論については親組織の改変(「経年変化」)をめぐる諸問題、記述論については標準化の意義についてそれぞれ指摘する。その上で、これからの日本のアーカイブズに向けた1つの試論として、日本における記述標準の策定を取り上げ、そのことを通じて「アーカイブズとは何か」というより根源的な問題への検討を深化させるべきであることを提起する。
 
  This article analyzes the results of and problems arising from archival arrangement, description, and retrieval systems so as to provide a context for consideration of “Archives Japan 50”.To begin with, the author introduces the construction of the information retrieval system at Kyoto University Archives. Next, he discusses the three following points: the current status of the retrieval system and its background, some problems relating to and resulting from changes in the parent organization, and standardization of description. Finally, the author suggests that we have to strive to pursue the question of what archives are in a profound way through establishing standardized description systems, as an essay on the future of archives in Japan.
 
アーカイブズと動的映像アーカイブ−近くて遠い隣人?−
Archives and Moving Image Archives: Close and Distant Neighbors?
(児玉優子 Yuko KODAMA)
  日本のアーカイブズ学は50年の歴史を重ねてきたが、映画フィルムやビデオテープ等の動的映像に関する取り組みはどの程度成されてきたのだろうか。まず、伝統的なアーカイブズとは異なる発達を遂げてきた動的映像アーカイブの歴史を概観し、次に主として紙・文字の記録資料を扱ってきた伝統的なアーカイブズおよびアーカイブズ学と、動的映像の関わりを振り返る。関連文献の調査の結果、日本ではアーカイブズ学よりもむしろ図書館情報学の分野で取り組まれてきたことがわかった。情報や記録がデジタルで生み出されるこれからの時代、資料保存は紙・動的映像等メディアごとに取り組むよりも、課題を共有して取り組むべきであろう。
 
  This paper aims to discover what fifty years of Japan’s archival science has done on moving images. First, it supplies a brief history of moving image archives which is rather different from the history of conventional archives. Then, it reviews the relationship between moving images and archives/archival science which have hitherto mainly concentrated on paper and textual records. By examining related literature, it was found that libraries and information science worldwide have given much more consideration to moving images than archival science has done in Japan. In the era of original digital information and records, it is urged that preservation should be undertaken regardless of different characteristics of the media by further sharing of thoughts on the issues facing us.
 
文学研究資料の未来をめぐる一考察−編集文献学とアーカイブズ学の狭間で−
Contemplating the Sources of Literary Scholarship for the Future : Synthesizing Scholarly Editing and Archival Science
(明星聖子 Kiyoko MYOJYO)
  文学研究は何に基づいておこなわれるのか。本か、テクストか。この問いは、書籍のデジタル化が急速に進行するなか、文学研究の領域できわめて大きな意味を持ち始めている。編集文献学は、すでにここ数年、この問いに向かい合ううち、書物の物質性の<再現>をめぐって深刻なジレンマに陥っている。このジレンマは編集文献学を、いずれはアーカイブズ学と呼びうる領域へと徐々に引き寄せていくことだろう。本稿は、人文学系の研究資料に関して最重要といえる「オリジナル」の概念をめぐって考察を深めながら、文学研究資料をめぐる未来の学問動向について、予見的に語るものである。
 
  What is the foundation of the literary studies? Is it a book, or a text? This question has come to take on great significance in the sphere of literary studies in light of the rapid process of the digitization of books. The field of scholarly editing, which has been facing this question over the last several years, is falling into a serious dilemma concerning the “representation” of the material characteristics of books. This dilemma will gradually transform the field of scholarly editing into a new field, which can be called Archival Science. In this essay, while contemplating in depth the concept of the so-called “original,” which is considered to be the most important research material in the Humanities, I will discuss the future direction of scholarly trends pertaining to literary studies.
 
  *執筆者による要旨。第11号に収録されている他の記事には、要旨がない。
 
プリンタ出力用画面 友達に伝える
Copyright © 2003-2017 The Japan Society for Archival Science. All rights reserved.