Search
Main Menu

日本アーカイブズ学会2019年度大会開催概要

【期日】2019年4月20日(土)・21日(日)
【会場】学習院大学 南3号館(JR山手線目白駅下車)
【参加費】会員500円、非会員1,000円
【事前申込不要】

【プログラム】 ※タイトル、時間、会場等は変更となることがあります。
4月20日(土) 受付開始12:00
○総会 13:00〜15:00 *会員の方のみが参加できます

○講演会 15:30〜16:30
松岡資明氏(元日本経済新聞記者)
「アーカイブズ取材で見えた日本の病理」

○懇親会 17:00〜19:00(会場:輔仁会館1F、会費:一般5,000円、学生3,000円)

○ポスター研究発表 12:00〜13:00
米国のミュージアム・アーカイブズの多様性:『ミュージアム・アーカイブズ』掲載写真資料の版権交渉から/筒井弥生

○賛助会員出展 13:00〜16:30

4月21日(日)受付開始9:00
○自由論題研究発表会 9:30〜12:20
【第1会場】
オープンソースを用いたアーカイブズ資料情報提供システムの構築過程と課題:AtoMを事例に/金甫榮
アーカイブズ構築のプライオリティとは何か:デジタルアーカイブに関わるスリムモデルからの投げ返し/福島幸宏
認証連携を利用したデジタルアーカイブシステムのアクセス制御の取り組み/五島敏芳・戸田健太郎・高田良宏
デジタル時代にアーカイブズ機関が果たす役割とは:西オーストラリア州アーカイブズの組織改編を事例に/大木悠佑
デジタル・マニュスクリプトの段階的整理:BitCuratorとArchivematicaによる対応策/橋本陽

【第2会場】
中華人民共和国におけるアーカイブズ学教育の始まり/膨茂一
ウォーターゲート事件の遺産:アメリカ大統領記録の管理をめぐって/平野泉
事例研究:米国の州公文書館と民間アーカイブズ ―「普及」(利用の促進・連携)等についてのインタビュー事例を中心に―/淺野真知
アメリカ州立公文書館における財源確保と基金助成:イリノイ州の事例を中心に/元ナミ

【第3会場】
被災自治体における公文書管理の現状と課題:福島県富岡町を事例に/牛来樹璃・白井哲哉
薬害スモン関係資料の公開と利用の可能性:法政大学大原社会問題研究所環境アーカイブズ所蔵資料を事例として/川田恭子
茶道関連記録の利用促進に向けた検索手段の整備:幽清会川浪家文書を事例として/中村友美
まんが関連ミュージアムにおけるアーカイブズ資料の管理・利用と専門職の役割/蓮沼素子

【第4会場】
写真家資料の資源化とその活用に向けた課題:比嘉康雄資料の整理・保存を事例に/高科真紀・小屋敷琢己・阿久津美紀・山永尚美・秋山道宏
行政組織で作成された動的映像資料についての一考察:科学映画『しんかい−潜水調査船の記録−』を事例として/山永尚美
企業アーカイブズ目録に消滅部門情報を反映させる試み:資生堂企業資料館収蔵「企画部」資料の分析とアーカイバル記述を通して/清水ふさ子
建築レコードを整理するための「万国共通のアプローチ」とはなにか:ユネスコ(1986)とICA(2000)との活動分析から/齋藤歩
 
○ポスター研究発表 12:30〜13:30
米国のミュージアム・アーカイブズの多様性:『ミュージアム・アーカイブズ』掲載写真資料の版権交渉から/筒井弥生

○大会企画研究会 14:00〜17:00
・テーマ:「社会が求めるアーカイブズ」
・報告1「社会的養護に関する記録管理:ケアリーヴァーにとっての記録とは」
 阿久津美紀氏(目白大学人間学部児童教育学科)
・報告2「記録を残し公開することの意味:旧優生保護法、ハンセン病の記録を題材に考える」
 薄井達雄氏(神奈川県立公文書館資料課)
・コメント
 岡村正男氏(エリザベス・サンダース・ホームOB会 副会長)

○賛助会員出展 9:30〜15:30

【問い合わせ先】
日本アーカイブズ学会事務局
〒105-0004 東京都港区新橋1-5-5 国際善隣会館5階
E-mail:office@jsas.info 
HP:http://www.jsas.info/

チラシはこちら

投稿者: jsas 投稿日時: 2019-3-17 1:35:53 (3689 ヒット) コメントする

<会 告>
日本アーカイブズ学会2019年度大会のお知らせ

○日本アーカイブズ学会2019年度大会
 以下の日程で、来年度の大会を開催する予定です。

・日時:2019年4月20日(土)・21日(日)
・会場:学習院大学(JR山手線目白駅下車)
※詳細は決まり次第お知らせします。

○自由論題研究発表会の募集について
 大会2日目(4月21日)に開催予定の自由論題研究発表会における、本会の趣旨に沿った研究発表を募集します。発表時間は1件につき、質疑応答を含め30分です。

1)応募資格
 日本アーカイブズ学会会員であること。会員1名以上を含む共同報告も可。

2)応募に必要な情報
 〇疚勝Δ佞蠅な
 ∀⇒軅茵塀蚕蝓電話番号、電子メールアドレス等)
 B衞
 と表要旨(A4版1枚、1,200〜1,600字程度)
 発表の概要とともに、発表するテーマがアーカイブズ学の中にどのように位置づけられるのかを、具体的かつ簡潔に記述してください。

3)応募の方法
 電子メールまたは郵送で、日本アーカイブズ学会事務局まで送付してください。
・電子メールの場合:kenkyu@jsas.info
・郵送の場合:〒105-0004 東京都港区新橋 1-5-5 国際善隣会館5階

4)締め切り:2018年12月24日(月)必着

5)結果の通知
 学会委員会で厳正に審査の上、2019年1月末までにお知らせいたします。

○ポスター研究発表の募集について
 本大会ではポスター発表を開催する予定です。ポスターは大会期間を通して掲示しますが、コアタイム(4月20日12:00-13:00、21日12:30-14:00を予定)には、発表者はポスターの前に待機し、説明をお願いします。

1)応募資格
 日本アーカイブズ学会会員であること。会員1名以上を含む共同報告も可。

2)発表の形式
 ポスターサイズはA0判。

3)応募に必要な情報
 「自由論題研究発表会の募集について」2)に同じ。

4)応募の方法
 「自由論題研究発表会の募集について」3)に同じ。

5)締め切り:2018年12月24日(月)必着

6)結果の通知
 学会委員会で厳正に審査の上、2019年1月末までにお知らせいたします。

投稿者: jsas 投稿日時: 2018-11-28 16:29:40 (6876 ヒット) コメントする

研究集会「地域持続におけるアーカイブズやアーキビスト等の果たす役割」

日 時:2018年12月8日(土)13時半
会 場:学習院大学 西2号館501教室

主 催:日本アーカイブズ学会
学習院大学大学院人文科学研究科アーカイブズ学専攻
国文学研究資料館基幹研究「アーカイブズと地域持続に関する研究」
科学研究費17K03053「20世紀の日本・イタリア・バチカンにおける民間所在資料や地方公文書の管理」 
共 催:学習院大学文学会

開催趣旨:少子高齢化や人口減少の影響を受けている各地域において、地域の持続を計るなかでアーカイブズをどのように活用できるのか、日本と同様の問題を抱えるイタリアの事例とともに、アーキビストや研究者等の専門家が行う具体的な活動と展望について検討する。

次第
13:30-13:40  開会挨拶 大友一雄(日本アーカイブズ学会 会長)

13:40-15:10  報告1 <逐次通訳付>
クラウディア・サルミーニ(国立トリエステ文書館前館長、ヴェネト文書・図書保護局)
「イタリアの地域持続におけるアーカイブズやアーキビストの役割」

15:10-15:40  報告2
松本純子(文化庁 企画調整課)
「文化庁における史料保存事業等の概要と文化行政・文化財保護行政の近年の動向」

15:40-16:10  報告3
渡辺浩一(人間文化研究機構 国文学研究資料館)
「地域資料保存活用のなかのアーキビスト」

16:10-16:40 質疑応答

司会:太田尚宏(人間文化研究機構 国文学研究資料館)
逐次通訳:湯上 良(質疑応答含む)

[本件に関する連絡先]
学習院大学大学院人文科学研究科アーカイブズ学専攻事務室
〒171-8588 豊島区目白1−5−1 
TEL: 03-5992-1278(直通) FAX: 03-5992-1246(直通)E-mail:gcas-off@gakushuin.ac.jp

チラシはこちら

投稿者: jsas 投稿日時: 2018-11-14 23:21:13 (1408 ヒット) コメントする

日本アーカイブズ学会は、正会員が執筆したアーカイブズ学に関する学術図書(共著を含む)を対象とする出版助成を行っています。
出版助成要領および以下の2018年度募集要項を参照の上、ふるってご応募下さい。
http://www.jsas.info/modules/aboutJSAS/index.php?id=12

○2018年度 出版助成募集要項

1 申請受付期間
  2018年11月12日(月)から2018年12月24日(月)まで(当日消印有効)

2 採択件数  1件

3 助成額  30万円

4 申請書類送付先
 〒105-0004 東京都港区新橋1-5-5 国際善隣会館5階
 日本アーカイブズ学会事務局

5 採否の通知 採択の可否は、2019年3月31日(日)までに通知します。

6 その他
  申請書類は返却しません。受領した書類等は日本アーカイブズ学会プライバシーポリシーに基づき処理します。

7 問い合わせ
  e-mail:office@jsas.info
  ※日本アーカイブズ学会事務局には事務局員は常駐しておりません。募集に関するお問い合わせはe-mailでお願いいたします。

投稿者: jsas 投稿日時: 2018-10-29 20:54:02 (1131 ヒット) コメントする

日本アーカイブズ学会2018年度第2回研究集会
「薬害アーカイブズ:現状と課題」
(共催:厚労省科研(平成30年度厚生労働行政推進調査事業費補助金(医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス政策研究事業))「薬害資料データ・アーカイブズ構築に向けた基盤的研究」)

1 開催趣旨
 2010年4月、「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」は、「すべての国民に対する医薬品教育を推進するとともに、二度と薬害を起こさないという行政・企業を含めた医薬関係者の意識改革に役立ち、幅広く社会の認識を高めるため、薬害に関する資料の収集、公開等を恒常的に行う仕組み(いわゆる薬害研究資料館など)を設立すべきである」と指摘しました。この指摘を踏まえ、薬害資料に関する調査研究が、被害者団体の保管してきた資料を主な対象として進められてきました。
 薬害という言葉は、1950〜60年代にかけてサリドマイドによる胎児被害とキノホルムによるスモン被害が発生したことをきっかけとして広く使われるようになりました。血液製剤へのHIV(ヒト免疫不全ウイルス)混入による「薬害エイズ」被害が大々的にマスコミに取り上げられたことをご記憶の人も多いと思われます。
 全国薬害被害者団体連絡協議会(薬被連)の代表世話人・花井十伍さんは次のように述べています。「クスリ‥医薬品には必ず副作用があり、医薬品の副作用被害を完全に無くすことはできません。しかし、薬害は別です、薬害は単なる副作用被害とは異なり、本来医薬品として販売すべきではなかった、用法・用量が適切に表示されていなかった、市販後に判明したないし生じた新たなリスクに対する対応が遅れたなど、人災であって、かつ個人的な被害ではなく、社会的に広がった被害を私たちは、薬害被害と呼んでいます。」(法学館憲法研究所
http://www.jicl.jp/hitokoto/backnumber/20161107.html)
 薬害の被害者は被害への直接的な補償だけでなく、被害の実態調査や再発防止のための対策を求めて裁判を起こします。被告は薬品を製造・販売した企業および医薬品規制に対して監督責任をもつ政府です。被害者たちはお互いに力を合わせ、また弁護士や専門家など多くの人々の協力を得ながら裁判を進め、政府や企業の不法行為を指弾してきました。和解時に、そうした被害が二度と起こらないための政策を創らせてきました。またそれと並行してこれらの経験を伝えることを望む声が高まっていることも事実です。
 このような活動を通じて蓄積された薬害に関する資料は、いずれも近代以降のわたしたちの社会における負の記録遺産と呼ぶことができます。これらの資料をどのように収集し、活用することができるのか。個人情報が多く含まれるこれらの資料の管理体制はどのようにすればいいのか。被害に遭われた当事者の高齢化が進んでいる今、わたしたちは、こうした課題に直面していると言わなければなりません。
 本研究集会では薬害資料調査・研究の現状を確認すると共に、こうした活動に関わっておられる当事者から取組みをご紹介いただき、課題と方策について議論を深めたいと考えています。

2 日時および会場
日時:2018年11月17日(土) 13:30〜17:15 (13:00開場)
会場:リバティおおさか(大阪人権博物館) 研修室1
http://www.liberty.or.jp/)
   〒556-0026 大阪府大阪市浪速区浪速西3-6-36

3 プログラム
13:30-13:35 開会あいさつ(JSAS)
13:35-13:45 「開催趣旨説明」 林 美帆(あおぞら財団付属西淀川・公害と環境資料館)
13:45-14:15 「薬害アーカイブズ構築の意義について」 藤吉圭二(追手門学院大学)
14:15-14:45 「薬害アーカイブズ資料整理の現状について」 島津良子(奈良女子大学)
14:45-15:15 「当事者からの期待」 花井十伍(全国薬害被害者団体連絡協議会)
15:15-15:45 「コメント」 清水善仁(法政大学大原社会問題研究所)
15:45-16:00 休憩
16:00-17:00 質疑応答・ディスカッション
17:00-17:15 閉会あいさつ(JSAS)

4 その他
・参加無料。受付で「研究集会に参加」とお伝えください。
・事前予約不要です。当日直接おいでください。

チラシはこちら

投稿者: jsas 投稿日時: 2018-10-25 12:19:58 (1539 ヒット) コメントする

アーキビスト資格認定の申請(新規)(更新)を2018年10月1日から10月31日まで受け付けています。申請要項および申請書類は、下記のページにあります。


日本アーカイブズ学会登録アーキビスト

投稿者: jsas 投稿日時: 2018-9-19 21:27:09 (725 ヒット) コメントする

日本アーカイブズ学会第2回登録アーキビスト研修会
電子記録管理におけるアーキビストの役割

◆日時:2018年9月1日(土)14:00〜17:10
◆場所:東洋大学白山キャンパス10号館A101教室
(東洋大学白山キャンパスアクセスhttp://www.toyo.ac.jp/site/access/access-hakusan.html)

◆コーディネーター(問題提起者)
佐藤 勝巳氏(元戸田市立郷土博物館アーカイブズ ・センター)
◆プログラム(案)
  (受付開始 13:30〜)
14:00〜14:05 開会(開会挨拶・趣旨説明)
14:05〜14:35 問題提起(現状の課題・ワークショップの課題設定について)
14:40〜16:00 グループディスカッション (20分×3 回ディスカッション)
       *参加者の意見徴収・休憩を含む
16:00〜16:10 (休憩)
16:10〜16:50 グループ報告・コーディネーターとの意見交換
16:50〜 更新手続に関する質疑応答
17:10 閉会

趣旨
 日本アーカイブズ学会では、昨年度より登録アーキビスト資格者を対象とした研修会を開催しております。そこでは、資格者のアーカイブズ学への知見を一層深めるとともに、資格者が現場で抱える課題を共有し、専門的議論を深める機会をつくりたいと考えております。第2回となる今回は「デジタル社会におけるアーキビストの役割」をテーマとしました。アーカイブズ学分野では、実物(既存文書)の管理・保存や利用者・管理者双方のツールである検索手段としてのデジタル化について議論が進んでいます。しかし、現在の社会状況を鑑みると、電子的に発生した(born-digital) 記録の管理についても、アーキビストの大きな課題になっていると考えます。とくに、組織文書の作成及び決済システムが電子的媒体を通じて行われている現在、これらの資料にアーキビストがどうアプローチしていくか、また、将来のための証拠資料としてどう管理・保存していくか苦悩している現場担当者も多いと思われます。そこで、今回の研修では、コーディネーターに佐藤 勝巳氏をお迎えし、そうした電子的に発生した(born-digital) 記録管理の現状及び課題抽出、アーキビストとしてどうアプローチしていくかなど、ワークショップ形式で考えてみたいと思います。

◆申し込み方法: お申し込みは以下のアドレスに「氏名、登録番号、所属、懇親会の参加/不参加を明記しご連絡ください。また、ぜひ今回のテーマに関し、日頃考えていること・議論したいことなども教えていただけると幸いです。toroku_archivist@jsas.info
※締め切り:8月19日(日)まで(日付が変わるまで有効)
※参加費無料。本研修会は登録アーキビスト資格者対象であり、資格者以外の方はご参加頂けません。ご了承ください。

第2回登録アーキビスト研修会案内PDF


投稿者: jsas 投稿日時: 2018-7-31 0:22:01 (1032 ヒット) コメントする


2018年度第1回研究集会「「アーキビストの職務基準書」を検討する」


国立公文書館より、「アーキビストの職務基準書(平成29年12月版)」が公表されました。
「アーキビストの職務基準書(平成29年12月版)」
日本アーカイブズ学会は、この職務基準書に関する研究集会を以下の通り開催いたします。ふるってご参加ください。

・テーマ:「アーキビストの職務基準書」を検討する
・日時:2018年6月30日(土)14:30〜16:30
・会場:学習院大学 南3号館202教室(JR山手線目白駅下車)
・参加費:無料 ※事前の参加申込みは不要です

・プログラム(予定)
開会あいさつ
国立公文書館「アーキビストの職務基準書」に関する報告
伊藤一晴氏(国立公文書館)
コメント
太田富康氏(埼玉県立文書館)
加藤聖文氏(国文学研究資料館)
渡邊健氏(株式会社データ・キーピング・サービス)
休憩
意見交換
閉会あいさつ


投稿者: jsas 投稿日時: 2018-6-13 12:05:47 (3563 ヒット) コメントする


2018年度大会フライヤー


2018年度大会フライヤーです。


2018年度大会フライヤーpdf 

2018年度大会フライヤーjpg


投稿者: jsas 投稿日時: 2018-3-29 20:58:50 (1930 ヒット) コメントする


大会概要及び企画研究会


2018年度大会概要及び企画研究会の趣旨説明を掲載いたします。


大会概要
2018年度大会概要pdf 

企画研究会趣旨説明
2018年度大会概要pdf


投稿者: jsas 投稿日時: 2018-3-29 20:47:08 (1334 ヒット) コメントする

(1) 2 3 4 ... 32 »
Copyright © 2003-2018 The Japan Society for Archival Science. All rights reserved.