Search
Main Menu
『アーカイブズ学研究』第14号要旨«No.14 Abstracts»
 
<第14号>«No.14»
 
大学共同利用機関におけるアーカイブズの現状と課題 ―高エネルギー加速器研究機構を中心に―
The Current Status of and Challenges to the Archives of Interuniversity Research Institutions and the High Energy AcceleratorResearch Organization
(関本美知子 Michiko SEKIMOTO)
 
   高エネルギー加速器研究機関の現状とともに大学共同利用機関におけるアーカイブズの現状について報告し、現在抱えている課題について考察する。
 
   This paper is a report on the status of the archives in KEK(the High Energy Ac celerator Research Organization)and at other inter-university institutions, and a discussion of common challenges facing such archives.
 
東京女子高等師範学校卒業生を対象としたオーラルヒストリー ―大学史資料としての可能性―
The Potentialities of Oral History as University Archives
(和田華子・芹澤良子 Hanako WADA・Yoshiko SERIZAWA)
 
   本稿は、お茶の水女子大学の前身である東京女子高等師範学校卒業生を対象としたオーラルヒストリーの収集と活用を通して、オーラルヒストリーが持つ大学史資料としての可能性を考えようとするものである。まず、女高師オーラルヒストリーの収集方法、公開を前提とした整理作業、公開・活用といった一連の活動内容と、その史料的特徴を紹介する。次に、オーラルヒストリーが持つ大学運営に関する資料との相互補完的役割と自校史教育などにおける活用例を示す。そして、オーラルヒストリーが大学アーカイブズシステムにおいて、主柱の1つとなり得ることを提唱する。
 
   This article examines the possibilities of oral history resources taking a place among university archives. This would be achieved by means of introducing a program for the collectionand use of oral histories gathered from graduates of Tokyo Women’s Higher Normal School, the precursor of Ochanomizu University. The article first introduces collection methods, archival processing, access, utilization methods and characteristics as archives of oral history. Secondly, it argues the mutually complementary nature of oral histories of such graduates and university administrative records, and introduces an example of the use of oral histories in lectures on the history of Ochanomizu University. As a result, it is argued that oral history is one of the key components of university archives.
 
アーカイブズにおけるアウトリーチ活動論 ―大学アーカイブズを中心として―
Theory on Outreach Activities in Archives: Focusing on University Archives
(清水善仁 Yoshihito SHIMIZU)
 
   アーカイブズにおけるアウトリーチ活動とは、アーカイブズの存在を知らない人や社会に対して、アーカイブズの存在をより広範囲の人や社会に認識してもらい、そのことを通して利用の促進やアーカイブズ情報の有用性を広く伝えるために、アーカイブズの側が主体的に外部に向けておこなう活動である。本稿では、アウトリーチの定義を上記のように規定した上で、アメリカ合衆国の大学アーカイブズにおけるアウトリーチ活動の形態を手掛かりに、アウトリーチ活動のミニマム・エッセンスを設定する。さらに、そのミニマム・エッセンスが、現在の日本の大学アーカイブズでどの程度おこなわれているのか、その現状を調査すると同時に、課題を考察し、アウトリーチ活動に関する理論と実践の蓄積の必要性を提起する。
 
   ‘Outreach’ in archives institutions means those activities which are directed toward bodies beyond such institutions, and aims at seeking recognition of archieves as a means of benefiting members of the community and society at large. It further means the introduction, promotion and use of valuable archival information. This article is structured as follows. First, I examine the types of outreach activity of university archives in the United States. Next, I establish the minimum-essence of outreach activities. Thereafter, I examine the current situation of and problems related to outreach activities conducted by university archives in Japan. Finally, I suggest that the cumulative unifying of theory and practice of outreach activities is essential.
 
 
 
プリンタ出力用画面 友達に伝える
Copyright © 2003-2017 The Japan Society for Archival Science. All rights reserved.