Search
Main Menu
国際シンポジウム「近世アーカイブズの多国間比較」
 

主 催: 国文学研究資料館(アーカイブズ研究系
      「東アジアを中心としたアーカイブズ資源研究」プロジェクト)、
      日本学術振興会科学研究費補助金・基盤A
      「歴史的アーカイブズの多国間比較に関する研究」、
      日本アーカイブズ学会
後 援: 立教大学日本学研究所
助 成: 財団法人東洋文庫
会 場: 立教大学池袋キャンパス(東京都豊島区西池袋)
日 程: 2007年12月14日(金)午後
        12月15日(土)午前・午後
参加費: 無料
使用言語:日本語
その他: *14日、懇親会を学内で開催予定(有料)
       *事前申込みは不要。両日とも直接ご来場ください。

【プログラム予定】

2007年12月14日(金)午後

 趣旨説明  渡辺浩一(国文学研究資料館)

 ◇セッション1「近世アーカイブズをめぐる統治と社会」

      オゼル・エルゲンチ(ビルケント大学)、ヒュリヤ・タシュ(アンカラ大学)
        「オスマン国家官僚における文書作成
        ―時期区分、組織化の展開、文書類の多様化および大量化―」
       加藤基嗣(一橋大学大学院生)
        「清朝行政文書の作成と管理について」
       オリヴィエ・ポンセ(フランス国立古文書学校)
        「近世フランス王権によるアーカイブズの構築と利用(15-18世紀)」
       高橋 実(国文学研究資料館)
        「日本近世社会の特質と文書の作成・管理について」

12月15日(土)午前・午後

 ◇セッション2「実践される近世アーカイブズ」

      ヴァネッサ・ハーディング(ロンドン大学)
        「近世イングランドと書かれ印刷される言葉」
       大友一雄(国文学研究資料館)
        「文書システムの創造と継承―江戸幕府の支配と組織構造を考える―」
       金栄(韓国国史編纂委員会)
        「文書・記録と‘休紙’:朝鮮後期文書の伝存様相」
       王振忠(復旦大学)
        「村落文書と村落志―徽州歙県西渓南を例として―」

 ◇全体討論

★詳細は、国文学研究資料館webサイトをご参照ください(随時更新)。
  http://www.nijl.ac.jp/~koen/kokusai_archives07.htm
・問合せ:国文学研究資料館総務課企画広報係 kikakukoho@nijl.ac.jp
・jsas会員各位にはメールまたは郵便にてお知らせします。
  (今後、教室等が確定します)

 

プリンタ出力用画面 友達に伝える
Copyright © 2003-2017 The Japan Society for Archival Science. All rights reserved.