Search
Main Menu
ニュース : 共催研究会「「書」から歴史情報を読み取る」のお知らせ


「書」から歴史情報を読み取る
―奈良時代の書状データベース構築の目的と試みについて―



       共催:科研費研究「書状文化の源流を求めて」(代表  黒田洋子)・日本アーカイブズ学会
       後援:全国歴史資料保存利用機関連絡協議会(予定)

  1.テーマ

       「書」から歴史情報を読み取る
       ―奈良時代の書状データベース構築の目的と試みについて―

  2.開催趣旨

              「書」は発信者によって意図的に選択されるものです。すなわち言葉とは別に、「書」自体が歴史情報を内包していると考えられます。「書」の持つ歴史情報を読み解き、歴史資料をより深く理解するためには、画像による書のデータベースを構築する作業が必要不可欠と言わなければなりません。
              近年歴史資料のテキストデータ化が急速に進展しつつある現在、「書」に内包される歴史情報をどのようにしてデータ化し未来に伝えて行くことが有効かという問題は、電子環境において画像データの処理が容易になった現在、あらためて検討すべき課題です。
              以上のような観点から、古代史史料のデータベース化に取り組む黒田洋子氏にご報告をお願いします。黒田氏は奈良女子大学古代学学術研究センターで正倉院文書など古代史史料のデータベース化プロジェクトに関わっておられ、これまでの成果をご報告いただきます。

  3.日時
  
       平成29年3月10日(金) 18:00-20:00(講演後の質疑応答を含む)
              参加費無料

  4.場所
       追手門学院梅田サテライト

  5.スケジュール(予定)

    17:30 受付開始

    18:00 研究集会開始

    18:00-18:05 司会あいさつ

    18:05-19:15 黒田洋子氏報告

    19:15-19:35 休憩

    19:35-20:00 質疑応答

    20:00 終了
 


投稿者: jsas 投稿日時: 2017-2-5 17:06:46 (1050 ヒット)
印刷用ページ このニュースを友達に送る
Copyright © 2003-2017 The Japan Society for Archival Science. All rights reserved.