Search
Main Menu
2004年度第2回研究集会

2005年1月22日(土)(学習院大学)

 倉田綾子(国立公文書館)

 「自治体文書館における民間資料保存の現状と課題」

 田井東浩平(京都造形芸術大学歴史遺産研究センター)

 「地域史料保存活動の現状と課題−民間所在の地域史料を中心に−」

 *コメンテータ:太田富康、清水邦俊

 *参加者:56名

 ◎この研究集会では、地域史料の保存・活用に関する、アーカイブズ施設による取り組みと、自治体史編纂を担当する部局による取り組みについて、その現状と課題が報告され、討議された。それぞれの報告は、アンケート調査にもとづいて実証的に状況を解明するものであり、地域社会の中でアーカイブズを保存・活用していく仕組みをどのようにつくっていくか等々について、いくつもの指針が得られるものとなった。

プリンタ出力用画面 友達に伝える
Copyright © 2003-2017 The Japan Society for Archival Science. All rights reserved.