Search
Main Menu
『アーカイブズ学研究』第19号要旨«No.19 Abstracts»
<第19号>«No.19»
 
福島放射線測定データの現状とメタデータベース作り
Radiation Monitoring after the Fukushima Dai-Ichi Reactor Incident and Its Metadata Archiving
(伊藤好孝 Yoshitaka ITOW)
 
   2011 年3 月11 日に東北地方を襲った巨大な地震と津波により、東京電力福島第一原子力発電所の事故が発生し大量の放射性物質が環境へ放出された。事故直後から、政府・自治体、民間、個人のあらゆる層により放射線測定が行われ、そのデータの多くはインターネット上に公開されている。これら貴重で多種多様なデータのアーカイブ化を進めるために、データカタログとしてのメタデータアーカイブ構築の検討が進んでいる。本稿では福島原発事故以後の放射線測定データとそのデータベース化の現状についてまとめ、インターネット上に散在する民間・個人による測定データのメタデータベース構築とそのアーカイブ化について述べる。
 
   Due to the severe accidents at the Fukushima Dai-Ichi nuclear power plant caused by the large earthquake on March 11, 2011, huge amounts of radioactivity emitted from the plant contaminated the environment. After the incident, many efforts by government, companies and citizens have been made for radiation monitoring. While various data are available on the internet, an effort was also made to create a metadata-base in the in the form of a whole data catalogue that would archive all available data. In this article, I report the status of various radiation monitoring and data archiving effort since the Fukushima nuclear accident. Also discussed is the idea of a metadata-base to archive all the data, including data sets created by citizens, which are scattered around on internet sites.
 
科学資料をめぐるアーカイバルプラクティス:概要の紹介
Archival Practices for Scientific Records and Data: An Introductory Overview
(松尾美里 Misato MATSUO)
 
   福島第一原発事故以来、さまざまな人々・組織が、さまざまな動機のもと大量の放射線測定データを採取・収集している。これらのデータは、科学的、医療的、歴史的な観点からして、極めて重要なデータであると言えるが、適切なアーカイブ化措置を欠くために、消失の危険にあるものも増えている。これをうけて、日本物理学会(JPS)と日本アーカイブズ学会(JSAS)は、国立国会図書館(NDL)の協力のもと、放射線測定データのアーカイブズ化を目指す試みに着手することとなった。しかし一方で、JSAS 内には、科学資料アーカイビングに精通したアーキビストが少ないという問題もある。小稿は、JSAS アーキビストが、上記試みに参画するきっかけの提供を意図して、科学資料アーカイビングに関する基本的な事項の紹介を行うものである。
 
   Since the Fukushima nuclear accident in 2011, a large amount of radiation monitoring data has been generated or collected by individuals and organizations of different kinds and with varied intentions. While those data are all unique and of significant value for all sorts of scientific, medical and historical purposes, there may be a growing threat of their loss due to the neglect of necessary archival measures. Japan Association for Archival Science(JSAS)in partnership with The Physical Society of Japan(JPS)and with assistance from the National Diet Library(NDL),has started a project to seek a strategy for archiving the radiation monitoring data, although the majority of JSAS archivists are not well acquainted with scientific data archiving. This essay gives a brief introduction to the basic ideas in scientific data archiving so that JSAS archivists will be better informed about the subject and ready to be involved in the project.
 
国立国会図書館における東日本大震災アーカイブ構築の取組
National Diet Library’s Efforts to Build the Great East Japan Earthquake Archive
(松本保 Tamotsu MATSUMOTO)
 
   国立国会図書館では、「国立国会図書館東日本大震災アーカイブ構築プロジェクト」を行っている。東日本大震災に係る災害の記録を始め、発災前の被災地域の記録、復興過程の記録及び過去に発生した地震・津波・原子力発電所の事故の記録を積極的に収集・保存していく。また、国全体としての連携を実現するため、諸機関による収集・保存の呼び掛け・支援を行い、記録の所在情報など検索に必要な情報の集約を進めている。本稿では、その目標・基本理念、公開までに行ったコンテンツ構築の取り組み、東日本大震災アーカイブの概要、今後の課題について述べる。
 
   The National Diet Library(NDL)is undertaking “the National Diet Library Great East Japan Earthquake archive” project. The archive will acquire and preserve disaster records of the Great East Japan Earthquake, local records before the quake, records of the recovery process, and records of past earthquakes, tsunamis, and nuclear power plant accidents. The archive is expected to contribute to nation-wide cooperation, as it calls upon other institutions to conduct acquisition/preservation exercises which it will support in collecting data and search for information such as the location of records. This paper describes the objectives, the basic philosophy, the measure of records construction, and the outline of the NDL Great East Japan Earthquake archive, and the challenges that we face.
 
イギリスにおける民間アーカイブズ:その保存へのとりくみ
Private Archives in the United Kingdom
(ノーマン・ジェイムズ Norman JAMES <翻訳 森本祥子 Sachiko MORIMOTO>)
 
   イギリスでは、19 世紀以来、民間アーカイブズ(所有権が民間にあるもの)の保存を王立手稿史料委員会(Royal Commission on Historical Manuscripts)および全国アーカイブズ登録局(National Register of Archives)が担ってきた。現在はその責務は国立公文書館民間アーカイブズ・チームに引き継がれている。イギリスには民間アーカイブズ全体をカバーする法制度はないため、全国規模で集約した情報を元に、アーカイブズの類型に応じた法制度を活用しつつ、その保存と活用を支援することとなる。本稿では、こうした取り組みを紹介する。
 
   The Royal Commission on Historical Manuscripts was established in 1869 by the issue of a Royal Warrant, and the National Register of Archives was subsequently set up for the preservation of private archives in the United Kingdom. This function is now carried out by the Private Archives Team within the National Archives. Their activities are based on the information collected through exhaustive nationwide research activities, as well as various legislation covering private archives. This paper reviews the preservation initiatives of private archives in the United Kingdom so far, and examines future issues.
 
プリンタ出力用画面 友達に伝える
Copyright © 2003-2017 The Japan Society for Archival Science. All rights reserved.