Search
Main Menu
『アーカイブズ学研究』第13号要旨«No.13 Abstracts»
 
<石原原稿「記録の評価選別とレコード・スケジュール」要旨>
 
   記録の評価選別においては、記録を適切に認識することが求められる。そして記録の適切な認識のためには、記録を構成する概念について考察することが必要である。
  本稿は地方自治体における評価選別の実務的課題をアーカイブズ学の立場から整理し、課題解決の手段としてレコード・スケジュールの導入とその具体的方法を論じる。
 
<任原稿「韓国公共機関におけるレコードスケジュールの構成と記録管理基準開発方法の理解」要旨>
 
   本稿では韓国の公共機関が公共記録物を管理する過程において、必須ツールであるレコードスケジュールを、どのように適用しているかを紹介している。韓国の中央行政機関を中心に、レコードスケジュールの中心的役割を担う政府機能分類体系(BRM, Business Reference Model)を紹介し、記録管理基準表の開発手順と方法を提示し、大統領秘書室での先進的なレコードスケジュール適用事例等を提示した。
  2007 年に改正された韓国の公共記録物管理法令は、政府で主導し開発したBRM と各機関別に開発した記録管理基準表を中心としてレコードスケジュールを構成するよう定めている。韓国のBRM は保存期間のGRS(General Records Schedule)の役割を遂行するだけでなく、記録の分類体系が受容されることにより記録管理と密接な連関関係を帯びている。記録管理基準表は詳細な記録管理基準値を定義した、高度な機関別GRS であるといえる。
  記録管理基準表には、記録物に対する数種類の統制及び管理基準値を設定することができる。機関の業務及び記録の特性を反映し、管理上の必要に合わせて適切な基準値を開発するためには、コンサルティング技法を根拠とした精巧な手順と方法論の樹立が必要である。本稿では韓国の公共機関を対象として遂行したプロジェクトの経験を合わせ、記録管理基準表開発の手順と方法を提示した。
  韓国の公共記録物管理体系は、デジタルな方法を中心に設計されている。レコードスケジュールで核心となる保存期間もまた、情報システムの情報参照と連動構造を通じ成り立っている。現行の記録管理基準表の典型であった大統領秘書室の記録管理基準テンプレートは業務管理システムと緊密に連携し、動的に運用されるレコードスケジュールの先進事例をあらわしている。
 
プリンタ出力用画面 友達に伝える
Copyright © 2003-2017 The Japan Society for Archival Science. All rights reserved.