Search
Main Menu
2006年9月14日掲載 国際会議「電子時代におけるアーカイブズ学研究とアーカイブズ学教育」

公開講演会「記録の未来」 (講演には、逐次通訳あり。英⇔日)

        
主催:
  • ICA/SAE(国際文書館評議会専門職/教育研修部会)
  • 第2回アジア太平洋アーカイブズ学教育国際会議実行委員会
  • 共催:
  • 東京外国語大学21世紀COEプログラム「史資料ハブ地域文化研究拠点」
  •           
  • 学習院大学
  •           
  • 日本アーカイブズ学会
  •           
  • 全国歴史資料保存利用機関連絡協議会
  •           
  • 科学研究費補助金「歴史情報資源活用システムと国際的アーカイブズ
    ネットワークの基盤構築に向けての研究」
  • 後援:
  • 国立公文書館
  • 人間文化研究機構 国文学研究資料館
  • 記録管理学会
  • 駿河台大学
  • 企業史料協議会
  • ARMA International 東京支部
  • 日時: 2006年10月20日(金) 13:00〜18:00
    会場: 学習院大学西5号館B1教室(東京都豊島区目白)
    〒171-8588 東京都豊島区目白1-5-1
    (アクセスはこちらをご覧下さい)
    内容:(1) 「現実から学ぶ−アーカイブズ理論の実践への応用−」
    Studying Reality: the Application of Theory in Practice
    キャロライン.ウィリアムズ
    (英,リバプール大学アーカイブズ研究センター,センター長)
    (2) 「アーキビストの役割における連続と変容−インターパレス(InterPRES)プロジェクトの成果から−」
    Continuity and Transformation in the Role of the Archivist: The Findings of the InterPARES Project
    ルチアナ.ドゥランチ
    (加,ブリティッシュ・コロンビア大学教授)
    (3) 「専門職間のパートナーシップでアーカイブズ学教育の未来を確かなものに」
    Professional Partnerships Insuring Archival Education Programs for the Future
    カレン.アンダーソン
    (豪,エディス・コーワン大学教授/ミッド・スウェーデン大学準教授)
    参加費: 1,000円
    参加方法: 事前申込は不要です。詳細は下記webサイトをご参照ください。
    (英文要旨の掲載、会場地図等へのリンクあり)
    http://www.nijl.ac.jp/~apcae2nd/topJ.htm
    懇親会: 終了後、大学構内で実施されます。当日受付です。
    プリンタ出力用画面 友達に伝える
    Copyright © 2003-2017 The Japan Society for Archival Science. All rights reserved.