Search
Main Menu

日本アーカイブズ学会は、アート・ドキュメンテーション学会等と合同で、文化庁文化審議会文化政策部会に対して、パブリックコメントを提出しました。

+++++++++ここから+++++++++++

2010 年7 月8 日

文化審議会文化政策部会長
宮田亮平様

文化庁長官
玉井日出夫様

文化遺産に関するアーカイブ資料の保存と活用のための施策の充実を求める意見書

本意見書に名を連ねている各団体は、広く人類の文化的活動や文化的所産に関する情報や記録を保存・管理し、将来の知的資産として活用するための課題や方法を、学術的な研究テーマとしております。具体的には図書館、博物館・美術館、文書館などの機関や大学、会社、個人などの行う資料の収集、保存、整理、利用といった諸活動に関する調査研究に継続して取り組んでおります。

文書、写真、動画、音声、デジタルデータなどからなる、いわゆる「アーカイブ資料」は、たとえば美術、建築、音楽、演劇、舞踊、映画といったさまざまな文化遺産の成り立ちやその社会的享受をたどる上での不可欠な資料で、諸外国においては国家的な収集保存と、組織的な活用及び普及が行われています。また近年ではデジタル・ネットワークの発達を反映して、博物館、図書館、文書館といった館種の壁を超えた情報活用の連携(MLA連携)の実践も試みられています。これに比して、我が国の現状は制度、実態とも大きく立ち遅れているものと言わなければなりません。

この点に関し、第9 期文化審議会の文化政策部会の審議の中で、文化芸術各分野におけるアーカイブ構築の必要性についての意見が相次ぎ、その結果、2010 年6 月7 日に公表された「審議経過報告」において、「文化芸術分野のアーカイブ構築を着実に進めるとともに、その積極的な活用策を検討する」ことが重点戦略の一つとして明示されたことは、まことによろこばしく、貴部会の高い識見に深く敬意を表すものです。

今後、文化政策部会におかれましては審議を重ねられ、文化芸術振興基本法に基づく「基本方針」に関する答申を行われるものと存じますが、答申の策定に当たっては、上記戦略を具体化するために次の各事項について明示されるよう、強くお願い申し上げるところです。

・各分野の文化遺産に関するアーカイブ構築とその支援は国の責務であること
・そのために政府において必要な保存・研究機関を設けるとともに、地方自治体におけるアーカイブ構築の取り組みを支援すること
・図書館、博物館・美術館、文書館、大学、研究機関、企業等へのアーカイブ資料に関する専門家の配置を促進する施策を講じること
・高等教育において、デジタル・ネットワーク社会に即応したアーカイブ専門家の育成を支援する施策を講じること。また既存の専門家に対する再教育を促進すること

同時に、上記事項の実現を図るため、文化庁におかれましては当面以下の点について、必要な政策的措置を取られるよう、強く要望するものです。

・文化芸術分野におけるアーカイブ資料の伝来の状況について全国的な調査を実施すること
・これらアーカイブ資料の保護について、関係者の意見を聴取し、その方策を検討すること

以上、文化の保存と振興に関わる私どもの微意をお汲みいただき、積極的なご検討をいただきますよう、心からお願い申し上げます。


アート・ドキュメンテーション学会
会長鷲見洋一

記録管理学会
会長山崎久道

情報知識学会
会長根岸正光

日本アーカイブズ学会
会長高橋実

慶應義塾大学アート・センター
所長美山良夫


+++++++++ここまで+++++++++++

投稿者: jsas 投稿日時: 2010-8-1 23:17:02 (4646 ヒット) コメントする

東京大学経済学図書館が、次のようにシンポジウムを開催します。

催事名: 資料室開室記念シンポジウム「資料を残す・未来に伝える-Library・Museum・Archivesをつなぐ」

日時:平成22年7月30日(金) 13:00-17:00

会場:東京大学本郷キャンパス 経済学研究科学術交流棟(小島ホール)2階 小島コンファレンスルーム

詳しくは、東京大学経済学図書館のWebサイトに掲載されていますので、ご参照願います。
http://www.lib.e.u-tokyo.ac.jp/news2/adiary.cgi/08

投稿者: jsas 投稿日時: 2010-7-16 1:10:24 (2116 ヒット) コメントする

学習院大学大学院アーカイブズ学専攻が下記の通り入試説明会を開催いたします。

日時:平成 22 年 8 月 1 日(日) 14 時 00 分〜 16 時 00 分

於:学習院大学西1号館1階 102号教室


また、アーカイブズ学専攻開設までの経緯や開設からの歩み、専攻主催の講演会等の記録を掲載した
『記録を守り 記憶を伝える ―学習院大学大学院アーカイブズ学専攻開設記念誌』を刊行しました。
部数に限りはありますが、入手希望の方には頒布可能です。

詳しくは、学習院大学大学院アーカイブズ学専攻のWebサイトに掲載されていますので、ご参照願います。
http://www.gakushuin.ac.jp/univ/g-hum/arch/index.html

投稿者: jsas 投稿日時: 2010-7-16 1:06:14 (2029 ヒット) コメントする

学習院大学大学院アーカイブズ学専攻が、次のように講演会を開催します。
本会後援行事としましたので、お知らせいたします。
よろしくご参加くださるようお願いいたします。

日時:2010年7月22日(木)18時〜19時30分

会場:学習院大学北2号館10階大会議室

講演:「文化資源アーカイビングの未来に向けて」
   金翼漢氏 (韓国・明知大学校記録情報科学専門大学院教授)

詳しくは、学習院大学大学院アーカイブズ学専攻のWebサイトに掲載されていますので、ご参照願います。
http://www.gakushuin.ac.jp/univ/g-hum/arch/index.html

投稿者: jsas 投稿日時: 2010-7-16 0:56:31 (2034 ヒット) コメントする

日本アーカイブズ学会2010年度大会のご案内

<会期>  2010年4月24日(土)・25日(日)

<会場>  学習院大学(JR山手線 目白駅徒歩5分)
         http://www.gakushuin.ac.jp/mejiro.html

<参加費> 会員1000円(学生800円)、非会員1500円 
 ※事前申込み不要

<内容> (敬称略)
4月24日(土) 受付開始 13:00

13:30〜15:00 2010年度総会
 【会場:南3号館201教室】

15:30〜16:30 大会講演会
 【会場:同前】
・上川陽子(初代公文書管理担当大臣)
 「時を貫く記録としての公文書管理の在り方〜今、国家事業として取り組む」


17:00 懇親会
 【会場:学習院大学輔仁会館2階「さくらラウンジ」】



4月25日(日) 受付開始 9:00

9:30〜12:30 自由論題研究発表会 
 ※一報告30分

 【会場1:北1号館401教室】
・清水惠枝
 「地方自治体のアーカイブズ意識とアーカイブズ機能の構築」

・毛塚万里
 「アーカイブズ学の用語をめぐる一考察―教材研究の一助として―」

・山口拓史
 「公文書管理法におけるライフサイクル管理論の整理」

・古賀崇
 「米国連邦政府における電子的政府情報の管理・保存・公開をめぐる現状と課題:制度・政策的側面を中心に」

・研谷紀夫
 「EAC-CPFとMADSに適応する人名典拠情報構築の試み―戦前期の皇族・華族に関する人名情報を中心として―」


 【会場2:北1号館201教室】
・丑木幸男
 「郡役所文書情報の集約とその特質」

・矢野篤
 「廣池千九郎関係資料のアーカイブズ管理史」

・渡邉美喜
 「ミュージアム・アーカイブズの有用性 ある展覧会での事例とともに」

・岡野裕行
 「点在する文学資料とそのアーカイブズ環境の検討:文学館の所蔵資料情報の顕在化に関する予備考察」

・平野泉
 「事例報告:死刑囚・永山則夫のアーカイブズ―編成・記述を中心に―」

・大石三紗子
 「国民体育大会開催にかかわる行政文書―埼玉県と神奈川県の比較を中心に―」


14:00〜17:00 企画研究会
 【会場:北1号館201教室】

テーマ「公文書管理法がもたらすアーカイブズ学の課題
     〜“レコードスケジュール”を中心に〜」


・石原一則(神奈川県立公文書館資料課長)
 「記録の評価選別とレコードスケジュール」

・任眞嬉(イム・ジニ)(韓国国家記録研究院学術研究処長)
 「レコードスケジュールとしての韓国の政府機能分類(BRM)と記録管理基準表の役割と展望」




投稿者: jsas 投稿日時: 2010-3-24 16:24:21 (6829 ヒット) コメントする

 学習院大学東洋文化研究所「戦時期日本のアジア研究とアーカイブズ」プロジェクトが、次のように講演会を開催します。本会後援事業としましたので、お知らせいたします。
 よろしくご参加くださるようお願いいたします。


講演題目:植民地期ヴェトナムの歴史アーカイブズ―資料の諸類型と社会科学における活用―

講師:フィリップ・ル・ファイエ 氏 (フランス極東学院准教授)

日時:平成22年3月13日(土) 16:00〜17:45

会場:学習院大学 西2号館503号教室

 詳しくは、学習院大学大学院人文科学研究科アーカイブズ学専攻のホームページに掲載されていますので、ご参照願います。
 http://www.gakushuin.ac.jp/univ/g-hum/arch/05news.html

投稿者: jsas 投稿日時: 2010-3-8 22:07:27 (2566 ヒット) コメントする

 全国歴史資料保存利用機関連絡協議会は、次のようにセミナーを開催します。本会後援事業としましたので、お知らせいたします。よろしくご参加くださるようお願いいたします。


催事名:公文書管理法制定にともなうセミナーの開催について

日 程:平成22年2月5日(金)  13:00〜17:30(受付:12:30〜)

会 場:埼玉会館7B会議室(JR浦和駅西口下車徒歩10分)      

定 員:100名(先着順・無料)

申込み及び問い合わせ先:全史料協調査・研究委員会事務局 埼玉県立文書館内

 Tel 048-865-0112 (担当)新井・芳賀

詳しくは、次の頁をご参照願います。

http://www.jsai.jp/ibbs/b20091217.html

投稿者: jsas 投稿日時: 2009-12-20 19:03:08 (2742 ヒット) コメントする

全日本博物館学会『地方分権改革推進委員会第3次勧告における博物館法の見直しに対する反対声明』について

 本会は、全日本博物館学会会長矢島國雄様より標記の声明書が送付されたことを受け、その内容を委員会で検討しました。声明書は、第3次勧告の中で、博物館法第12条の登録要件の審査基準に関し、廃止または条例委任とすることが示されていることに対して、「博物館の質の担保を目的とする登録博物館制度の基礎を、危うくすることに繋がりかねない」として反対すること等を内容とするものです。

 委員会では、この声明に賛同するとともに、この問題を広く共有して解決につなげるため、会員の皆様にお知らせし、それぞれの立場からご尽力を願うこととしました。よろしくご協力のほどお願い申し上げます。

 なお、声明書等は、次の全日本博物館学会ホーム・ページから見ることができますので、ご参照くださるようお願いいたします。
http://www.museology.jp/index.html

投稿者: jsas 投稿日時: 2009-12-20 19:01:14 (3671 ヒット) コメントする

 国文学研究資料館アーカイブズ研究系研究プロジェクトが、次のように研究集会を開催します。本会後援事業としましたので、お知らせいたします。
 よろしくご参加くださるようお願いいたします。


催事名:公開研究集会「アーカイブズ編成の理論と実践―公文書館の現場からの提言―」

日時:平成22年1月9日(土) 13:30〜17:30

会場:人間文化研究機構国文学研究資料館 2階第1会議室(東京都立川市緑町10-3)
 多摩都市モノレール「高松駅」から徒歩7分
 http://www.nijl.ac.jp/~koen/tizu.htm

 詳しくは、国文学研究資料館ホームページに掲載されていますので、ご参照願います。
 http://www.nijl.ac.jp/

投稿者: jsas 投稿日時: 2009-12-18 22:03:05 (2550 ヒット) コメントする

国際アーカイブズ評議会東アジア地域支部(EASTICA)への加盟について

 日本アーカイブズ学会は、国際アーカイブズ評議会東アジア地域支部(East Asian Regional Branch of the International Council on Archives: EASTICA)にカテゴリーB会員(全国的なアーカイブズ専門団体)として加盟申請中でしたが、2009年9月のEASTICA第9回総会(中国・青島)において、正式に加盟が承認されました。

 当学会は2007年に国際アーカイブズ評議会(International Council on Archives: ICA)にカテゴリーB会員として加盟しましたが、今回はそれに続いて国際的なアーカイブズ界への関与に着手したこととなります。

 今回のEASTICA総会では、主に以下の事項が決議されました。

・高山正也・現国立公文書館長を、菊池光興氏(前・国立公文書館長、現・特別相談役)の後任として、EASTICA議長に選出する。
・菊池光興氏をEASTICA名誉会員に選出する。
・韓国記録学会、日本アーカイブズ学会など9団体・機関と1個人に対し、EASTICA新会員として加盟を承認する。
・次回のEASTICA年次セミナーを2010年6月に韓国で、次回(第10回)EASTICA総会を2011年に日本で開催する。
・EASTICAと香港大学が共催で実施してきた既卒者向けアーカイブズ学講座につき、2009年は講座内容の審査のため開講できなかった。この審査が完了しだい、EASTICAと香港大学は引き続き本講座のために協力する。

 なお、EASTICAについては、日本からはすでに以下の機関が参加しております。

・カテゴリーA会員(国立のアーカイブズ機関):
  国立公文書館

・カテゴリーB会員(全国的なアーカイブズ専門団体):
  全国歴史資料保存利用機関連絡協議会(全史料協)、企業史料協議会

・カテゴリーC会員(記録やアーカイブズの保存に関与する機関、あるいはアーキビストの専門的研修に関与する機関):
  沖縄県公文書館、ユタ系図協会東京支部

・カテゴリーE会員(名誉会員):
  小玉正任氏(元・国立公文書館長)、菊池光興氏(前・国立公文書館長、現・同特別相談役)

 EASTICAの詳細につきましては下記ウェブサイトをご参照下さい。
 http://www.eastica.org/

 当学会は、今後もアーカイブズの国際的発展に貢献し、またそれを通じて日本でのアーカイブズのさらなる発展に尽力していく所存です。

投稿者: jsas 投稿日時: 2009-12-18 21:58:57 (2916 ヒット) コメントする

« 1 ... 26 27 28 (29) 30 31 32 »
Copyright © 2003-2018 The Japan Society for Archival Science. All rights reserved.