Search
Main Menu


2016年度第2回研究集会のお知らせ

水俣病情報センターの資料整備と活用 ―水俣病研究における歴史的資料の意義―


【1】日時:
    2017年1月28日(土)13:30-16:30 申込不要・無料

【2】会場:
    あおぞら財団会議室 大阪市西淀川区千舟1丁目1番1号あおぞらビル JR東西線「御幣島(みてじま)」駅11番出口スグ

【3】開催趣旨
    公害は現代社会に生きる私たちが取り組むべき諸問題を集約的に反映している現象のひとつです。公害の多くは化学物質に起因しています。それらの物質は、企業の経済活動工場の生産活動)の副産物として発生することも、それ自体が生産の対象であることもあります。私たちのほとんどは化学物質の専門家ではありませんが、それらの影響を日々受けています。何か被害が起きたときには専門家でもないのに被害の有無やその規模について、専門家と対話せざるを得ない場合があります。また、先々の被害の発生を危惧するときには、被害の可能性を否定する専門家と対峙することもあります。このような経験を積み重ねることで、公害の発生を未然に防ぐためのしくみづくりがなされてきています。本研究会では環境省国立水俣病総合研究センター環境保健研究室長の蜂谷紀之(はちや・のりゆき)氏をお招きし、水俣の経験がどのようなかたちでセンターの活動に生かされているか、その取組みについて医学的な観点も交えてご報告いただきます。あわせて、各地の公害資料館がネットワークを構築し、相互の協力関係を進めている現状についてもご紹介いただきます。

【4】プログラム(予定・敬称略)
        (1)開会挨拶・開催趣旨説明
        (2)報告 水俣病情報センターの資料整備と活用 蜂谷紀之(環境省国立水俣病総合研究センター)
        (3)ディスカッション コメンテータ 林美帆(あおぞら財団)
        (4)閉会挨拶 *研究集会に先立ち希望者を対象に11:00よりエコミューズ(西淀川・公害と環境資料館)の見学会を実施します。 参加ご希望の方は直接お越し下さい(予約不要)。

あおぞら財団付属エコミューズ


水俣病情報センターの資料整備と活用jpg  水俣病情報センターの資料整備と活用pdf


投稿者: jsas 投稿日時: 2017-1-8 15:09:09 (1022 ヒット) コメントする


千葉県文書館から「廃棄・移動された公文書のリストの提供について」回答をいただきました。


廃棄・移動された公文書のリストpdf


投稿者: jsas 投稿日時: 2016-12-31 22:15:47 (577 ヒット) コメントする


千葉県文書館へ「廃棄・移動された公文書のリストの提供について」送付しました。


廃棄・移動された公文書のリストpdf


投稿者: jsas 投稿日時: 2016-12-19 9:50:19 (670 ヒット) コメントする


「学会記録の管理に関する中間報告書」の公表について
このたび日本アーカイブズ学会は、「学会記録の管理に関する中間報告書」を公表しました。
この報告書は、本会事務局が主体となって進めてきた学会記録の管理に関する調査のうち、これまで明らかになった点をとりまとめ、報告するものです。



学会記録の管理に関する中間報告書pdf


投稿者: jsas 投稿日時: 2016-12-13 15:59:20 (656 ヒット) コメントする


千葉県文書館における収蔵公文書・県史収集資料の大幅な減少について質問状を提出しました。

その回答を受領いたしました。


千葉県質問状回答pdf


投稿者: jsas 投稿日時: 2016-12-1 16:23:05 (1603 ヒット) コメントする


広報協力 学習院大学アーカイブズ学専攻「東アジアから見た阮朝地方アーカイブズの世界」



学習院大学大学院アーカイブズ学専攻では、本学東洋文化研究所との共催で、下記のとおり、阮朝アーカイブズに関するワークショップを開催いたします。皆様のご来場をお待ちしています。

題目: 東アジアから見た阮朝地方アーカイブズの世界
日時: 2016年11月26日(土)
会場: 学習院大学北2号館10階 大会議室 (山手線目白駅下車すぐ)
主催: 学習院大学東洋文化研究所プロジェクト「ベトナム・阮朝アーカイブズに関する基礎的研究」、学習院大学大学院人文科学研究科アーカイブズ学専攻
共催: 学習院大学文学会
※事前申し込み不要。ご自由にご参加いただけます。
※ 終了後、懇親会を予定しています。
※ 詳細はアーカイブズ学専攻ホームページをご覧ください。

  




投稿者: jsas 投稿日時: 2016-11-20 14:29:31 (514 ヒット) コメントする


★「NHK番組アーカイブス学術利用トライアル」2017年度第1回募集 (12月22日締切)



NHKでは、NHKアーカイブスの保存番組を研究用に利用していただくトライアルへの参加研究者を募集しています。公募で採択された研究者は、東京ではNHK放送博物館、大阪ではNHK大阪放送局の専用閲覧室で、ご希望の番組を研究用に閲覧することが出来ます。

○第1回閲覧期間   2017年3月〜5月 (1組 20日間まで利用可)
○募集対象者   大学または公的研究所に所属する研究者、大学院生
○募集期間    2016年10月〜12月 (22日締切)
○募集研究数   放送博物館 6件、大阪放送局 3件

応募要項等詳しくは、ホームページをご覧ください。

  


投稿者: jsas 投稿日時: 2016-11-20 14:14:30 (434 ヒット) コメントする


日本アーカイブズ学会2016年度第1回研究集会のお知らせ



日本アーカイブズ学会研究部会では、以下のような研究集会を企画いたしました。例年より時期が遅れ、かつ直前のご案内になり大変申し訳ございませんが、ふるってご参加いただきますようお願いいたします。

    テーマ:「いま再び学会資格制度を考える〜学会登録アーキビスト制度に関するアンケート結果報告会〜」

     ・日程:2016年12月11日(日) 14:00-16:30 ・場所:東京外国語大学本郷サテライト3階
          (JR御茶ノ水駅下車徒歩10分、東京 メトロ丸の内線・都営地下鉄大江戸線本郷三丁目駅下車徒歩3分
     ・コメンテーター:中谷正克氏(立川市史)、青木祐一氏(株式会社ワンビシアーカイブズ)
     ・プログラム(予定) 14:00〜 開会挨拶、アンケート報告 14:45〜 コメント・議論 ※終了後に懇親会を予定しております。
     ・参加費無料・事前申込不要



【研究会主旨】 日本アーカイブズ学会では、2012年より「学会登録アーキビスト」制度を創設し、日本における専門職アーキビストの試金石として、学会内外に対しその普及・啓発に努めてきました。創設以来、毎年度一定数の会員からの申請を受け、現在70名が学会登録アーキビストに登録されています。来年度には創設から5年を迎え、秋には2018年3月末を以て更新期限を迎える登録アーキビスト資格の第1回更新を控えていることから、学会として登録アーキビスト資格制度の現状と課題の分析が必要と考えています。 また日本におけるアーキビスト資格を巡っては、本年4月のアーカイブズ関係機関協議会において、国立公文書館が「日本におけるアーキビストの職務基準」を提示し、各団体に対し意見聴取を進めており、日本のアーカイブズ界全体でアーキビストのあり方について議論する雰囲気が高まっています。こうした動向に対し、学会登録アーキビストとして既に資格制度を有する本学会のこれまでの知見と経験は、非常に重要な議論の素材を提供するものと成り得ると考えられます。 そこで、日本アーカイブズ学会では、この夏、登録アーキビスト資格の現状と課題を把握するため、登録アーキビストを対象とした「登録アーキビスト制度に関するアンケート」を実施いたしました。本年度の研究集会では、アンケートの結果報告と、資格制度をよく知る中谷正克氏・青木祐一氏のコメントを頂き、創設5年を迎える資格制度の現状と課題を議論できればと考えております。 奮ってご参加ください。

2016年度第一回研究集会jpg  2016年度第一回研究集会pdf


投稿者: jsas 投稿日時: 2016-11-17 12:11:48 (1131 ヒット) コメントする


【 会 告 】
日本アーカイブズ学会・2017年度大会のお知らせ
○日本アーカイブズ学会2017年度大会
以下の日程で、来年度の大会を開催する予定です。

  ・日時:2017年4月22日(土)・23日(日)
  ・会場:学習院大学(JR山手線目白駅下車)

     (※詳細は決まり次第お知らせします)

○自由論題研究発表会の募集について
  大会2日目(4月23日)に開催予定の、自由論題研究発表会における、本会の趣旨に沿った研究発表を募集します(8件程度、共同報告も可)。発表時間は1件につき、質疑応答を含め30分程度です。

 1)応募に必要となる情報
 〇疚勝Δ佞蠅な
 ∀⇒軅茵塀蚕蝓電話番号、電子メールアドレス等)
 O澄‖
 と表要旨(A4版1枚、1,200字程度)
    発表の概要とともに、発表するテーマがアーカイブズ学の中にどのように位置付けられるのかについて、具体的かつ簡潔に記述してください。

 2)応募の方法
   電子メールまたは郵送で、下記の学会事務局まで送付してください。

 (日本アーカイブズ学会事務局)

  ・電子メールの場合:officejsas.info
  ・郵送の場合:〒105-0004 東京都港区新橋 1-5-5 国際善隣会館5階

 3)締 切: 2016年12月25日(日)必着

 4)結果の通知

   学会委員会で厳正に審査の上、2017年1月末までにお知らせいたします。

      ※ただし、応募できるのは正会員に限ります。


○ポスター研究発表の募集について
本大会ではポスター発表を開催する予定です。

  指定の時間(4月22日12:00-13:00、23日12:30-14:00を予定)に、発表者はポスターの前で説明をお願いします(サイズはA0判、数件程度、共同報告も可)。初めての試みですので、ふるってご応募下さい。

 1)応募に必要な情報 「自由論題研究発表会の募集について」1)に同じ。

 2)応募の方法 「自由論題研究発表会の募集について」2)に同じ。

 3)締め切り:2017年1月31日(火)必着

 4)結果の通知:学会委員会で厳正に審査の上、2017年2月末までにお知らせいたします。

2017年度大会jpg  2017年度大会pdf

投稿者: jsas 投稿日時: 2016-11-15 12:29:34 (1259 ヒット) コメントする


千葉県文書館における収蔵公文書・県史収集資料の大幅な減少について質問状を提出しました。

千葉県質問状pdf        千葉県質問状知事あてjpg(知事あて)  千葉県質問状総務部あてjpg(総務部あて)  千葉県質問状公文書館長あてjpg(公文書館長あて)


投稿者: jsas 投稿日時: 2016-11-10 10:33:23 (1499 ヒット) コメントする

« 1 2 (3) 4 5 6 ... 31 »
Copyright © 2003-2017 The Japan Society for Archival Science. All rights reserved.