Search
Main Menu


「日本におけるアーキビストの職務基準」に対する意見


   2016年4月27日に開催された第13回アーカイブズ関係機関協議会において、国立公文書館より、「日本におけるアーキビストの職務基準」(別紙)が提案されました。
この「職務基準」に対する本会の意見を求められましたので、本会委員会で協議し、2016年7月30日付で別紙の意見等を国立公文書館に提出しました。
   なお、この「職務基準」については、本会会員からも意見を募集し、寄せられた意見(計3件)を、2016年8月29日付で提出しております。
意見pdf   日本におけるアーキビストの職務基準案pdf


投稿者: jsas 投稿日時: 2017-2-5 17:06:46 (1277 ヒット) コメントする


「書」から歴史情報を読み取る
―奈良時代の書状データベース構築の目的と試みについて―



       共催:科研費研究「書状文化の源流を求めて」(代表  黒田洋子)・日本アーカイブズ学会
       後援:全国歴史資料保存利用機関連絡協議会(予定)

  1.テーマ

       「書」から歴史情報を読み取る
       ―奈良時代の書状データベース構築の目的と試みについて―

  2.開催趣旨

              「書」は発信者によって意図的に選択されるものです。すなわち言葉とは別に、「書」自体が歴史情報を内包していると考えられます。「書」の持つ歴史情報を読み解き、歴史資料をより深く理解するためには、画像による書のデータベースを構築する作業が必要不可欠と言わなければなりません。
              近年歴史資料のテキストデータ化が急速に進展しつつある現在、「書」に内包される歴史情報をどのようにしてデータ化し未来に伝えて行くことが有効かという問題は、電子環境において画像データの処理が容易になった現在、あらためて検討すべき課題です。
              以上のような観点から、古代史史料のデータベース化に取り組む黒田洋子氏にご報告をお願いします。黒田氏は奈良女子大学古代学学術研究センターで正倉院文書など古代史史料のデータベース化プロジェクトに関わっておられ、これまでの成果をご報告いただきます。

  3.日時
  
       平成29年3月10日(金) 18:00-20:00(講演後の質疑応答を含む)
              参加費無料

  4.場所
       追手門学院梅田サテライト

  5.スケジュール(予定)

    17:30 受付開始

    18:00 研究集会開始

    18:00-18:05 司会あいさつ

    18:05-19:15 黒田洋子氏報告

    19:15-19:35 休憩

    19:35-20:00 質疑応答

    20:00 終了
 


投稿者: jsas 投稿日時: 2017-2-5 17:06:46 (902 ヒット) コメントする


【会 告】出版助成の募集について: 応募締め切りを2月28日(火)まで延長しました!



   日本アーカイブズ学会は、正会員が執筆したアーカイブズ学に関する学術図書(共著を含む)を対象とする出版助成を行っています。
   出版助成要領および以下の2016年度募集要項を参照の上、ふるってご応募下さい。

○2016年度 出版助成募集要項

1      申請受付期間

      2017年1月5日(木)から2017年2月28日(火)まで(当日消印有効)



2      採択件数  1件

3      助成額  30万円

4      申請書類送付先

            〒105-0004
            東京都港区新橋1-5-5 国際善隣会館5階

5      その他

            申請書類は返却しません。受領した書類等は日本アーカイブズ学会プライバシーポリシーに基づき処理します。

6      問い合わせ

            e-mail:officejsas.info

            ※日本アーカイブズ学会事務局には事務局員は常駐しておりません。募集に関するお問い合わせはe-mailでお願いいたします。

要領    出版助成要領[pdf]
申請    出版助成申請書[doc]出版確約書[doc]
報告    出版助成実績報告書[doc]


投稿者: jsas 投稿日時: 2017-1-29 21:35:59 (390 ヒット) コメントする



投稿者: jsas 投稿日時: 2017-1-25 14:04:36 (724 ヒット) コメントする

投稿者: jsas 投稿日時: 2017-1-25 13:52:49 (570 ヒット) コメントする


【会 告】出版助成の募集について



   日本アーカイブズ学会は、正会員が執筆したアーカイブズ学に関する学術図書(共著を含む)を対象とする出版助成を行っています。
   出版助成要領および以下の2016年度募集要項を参照の上、ふるってご応募下さい。

○2016年度 出版助成募集要項

1      申請受付期間

      2017年1月5日(木)から2017年1月31日(火)まで(当日消印有効)



2      採択件数  1件

3      助成額  30万円

4      申請書類送付先

            〒105-0004
            東京都港区新橋1-5-5 国際善隣会館5階

5      その他

            申請書類は返却しません。受領した書類等は日本アーカイブズ学会プライバシーポリシーに基づき処理します。

6      問い合わせ

            e-mail:officejsas.info

            ※日本アーカイブズ学会事務局には事務局員は常駐しておりません。募集に関するお問い合わせはe-mailでお願いいたします。

要領    出版助成要領[pdf]
申請    出版助成申請書[doc]出版確約書[doc]
報告    出版助成実績報告書[doc]


投稿者: jsas 投稿日時: 2017-1-11 11:28:25 (318 ヒット) コメントする


2016年度第2回研究集会のお知らせ

水俣病情報センターの資料整備と活用 ―水俣病研究における歴史的資料の意義―


【1】日時:
    2017年1月28日(土)13:30-16:30 申込不要・無料

【2】会場:
    あおぞら財団会議室 大阪市西淀川区千舟1丁目1番1号あおぞらビル JR東西線「御幣島(みてじま)」駅11番出口スグ

【3】開催趣旨
    公害は現代社会に生きる私たちが取り組むべき諸問題を集約的に反映している現象のひとつです。公害の多くは化学物質に起因しています。それらの物質は、企業の経済活動工場の生産活動)の副産物として発生することも、それ自体が生産の対象であることもあります。私たちのほとんどは化学物質の専門家ではありませんが、それらの影響を日々受けています。何か被害が起きたときには専門家でもないのに被害の有無やその規模について、専門家と対話せざるを得ない場合があります。また、先々の被害の発生を危惧するときには、被害の可能性を否定する専門家と対峙することもあります。このような経験を積み重ねることで、公害の発生を未然に防ぐためのしくみづくりがなされてきています。本研究会では環境省国立水俣病総合研究センター環境保健研究室長の蜂谷紀之(はちや・のりゆき)氏をお招きし、水俣の経験がどのようなかたちでセンターの活動に生かされているか、その取組みについて医学的な観点も交えてご報告いただきます。あわせて、各地の公害資料館がネットワークを構築し、相互の協力関係を進めている現状についてもご紹介いただきます。

【4】プログラム(予定・敬称略)
        (1)開会挨拶・開催趣旨説明
        (2)報告 水俣病情報センターの資料整備と活用 蜂谷紀之(環境省国立水俣病総合研究センター)
        (3)ディスカッション コメンテータ 林美帆(あおぞら財団)
        (4)閉会挨拶 *研究集会に先立ち希望者を対象に11:00よりエコミューズ(西淀川・公害と環境資料館)の見学会を実施します。 参加ご希望の方は直接お越し下さい(予約不要)。

あおぞら財団付属エコミューズ


水俣病情報センターの資料整備と活用jpg  水俣病情報センターの資料整備と活用pdf


投稿者: jsas 投稿日時: 2017-1-8 15:09:09 (918 ヒット) コメントする


千葉県文書館から「廃棄・移動された公文書のリストの提供について」回答をいただきました。


廃棄・移動された公文書のリストpdf


投稿者: jsas 投稿日時: 2016-12-31 22:15:47 (485 ヒット) コメントする


千葉県文書館へ「廃棄・移動された公文書のリストの提供について」送付しました。


廃棄・移動された公文書のリストpdf


投稿者: jsas 投稿日時: 2016-12-19 9:50:19 (565 ヒット) コメントする


「学会記録の管理に関する中間報告書」の公表について
このたび日本アーカイブズ学会は、「学会記録の管理に関する中間報告書」を公表しました。
この報告書は、本会事務局が主体となって進めてきた学会記録の管理に関する調査のうち、これまで明らかになった点をとりまとめ、報告するものです。



学会記録の管理に関する中間報告書pdf


投稿者: jsas 投稿日時: 2016-12-13 15:59:20 (569 ヒット) コメントする

« 1 (2) 3 4 5 ... 30 »
Copyright © 2003-2017 The Japan Society for Archival Science. All rights reserved.