Search
Main Menu
ニュース : 広報協力 「文書館学における理論と実践」 全史料協近畿部会例会


広報協力   「文書館学における理論と実践」
全史料協近畿部会例会
日 時   平成28年1月16日(土)午後1時30分〜4時30分
会 場   尼崎市総合文化センター7階第2会議室 (尼崎市立地域研究史料館と同じフロアーです)

講 師   森本祥子(東京大学文書館准教授)
仮 題   「東京大学文書館における資料管理のとりくみについて :理論の理解と実践の試み」

パネルディスカッション
コーディネーター   河野未央(尼崎市立地域研究史料館)
コメンテーター   松崎裕子(企業史料協議会理事/渋沢栄一記念財団企業史料 プロジェクト担当)


参加方法   申し込み・参加料不要。当日会場へ。
            (会場定員=90人を越えた場合は、入場をお断りする場合があります。 ご了解ください)
〔森本講演のポイント〕 東京大学文書館において、継続的に受け入れる大学の法人文書と、 寄贈・寄託の史料群について、それぞれに応じた目録作成を模索 していること。それに対応するISAD(G)やオーストラリア・シリーズ・ システムといった基準類との関係をどう考えるか、などといった論点 についてご講演いただく予定です。
以上


投稿者: jsas 投稿日時: 2015-12-3 15:42:02 (1588 ヒット)
印刷用ページ このニュースを友達に送る
Copyright © 2003-2018 The Japan Society for Archival Science. All rights reserved.