Search
Main Menu
ニュース : 広報協力 第2回OpenGLAM JAPANシンポジウム




広報協力 第2回OpenGLAM JAPANシンポジウム 〜オープンデータ化のもたらすアーカイブの未来〜

 

 OpenGLAM JAPAN(オープングラム ジャパン)は、2014年9月27日(土)「第2回OpenGLAM JAPANシンポジウム 〜オープンデータ化のもたらすアーカイブの未来〜」をグラントウキョウサウスタワー 41F アカデミーホール(JR東京駅直結、地下鉄各線大手町駅直結)にて開催します。

 

文化施設の収蔵物や情報のデジタルアーカイブは日本でも広まりつつあります。しかし、インターネットで閲覧できるだけでは、オープンデータとは呼べません。

「第2回OpenGLAM JAPANシンポジウム 〜オープンデータ化のもたらすアーカイブの未来〜」では、講師に生貝直人氏(東京大学大学院情報学環特任講師/東京藝術大学総合芸術アーカイブセンター特別研究員)、日下九八氏(Wikipedia日本語版管理者・編集者/User:Ks aka 98)、高野明彦氏(国立情報学研究所コンテンツ科学研究系教授)をお招きし、データの二次利用を可能とすることでよってもたらされる利益や、オープン化する上での障壁とその解決策などについて考えます。

また、デジタルアーカイブや電子図書館の普及後、地方の文化施設が担うべき役割について討論し、オープンデータ化がもたらすアーカイブの未来を模索します。

 

                    記

 

日時:2014年9月27日(土)13:00〜17:00(12:30開場)

会場:株式会社リクルートテクノロジーズ「アカデミーホール」

   グラントウキョウサウスタワー41F(JR東京駅、地下鉄各線大手町駅直結)

参加費:無料


対象:公共図書館関係者、機関・企業図書館関係者、大学・短大・高専図書館関係者

   小・中・高等学校図書館関係者、博物館・美術館・公文書館関係者

   その他の行政関係者

   学生、一般 など約200名

司会:

 ・ 岡本真(アカデミック・リソース・ガイド株式会社)

講師:

 ・生貝直人(東京大学大学院情報学環特任講師

  /東京藝術大学総合芸術アーカイブセンター特別研究員)

 ・日下九八(Wikipedia日本語版管理者・編集者/User:Ks aka 98)

 ・高野明彦(国立情報学研究所コンテンツ科学研究系教授)

 

主催:OpenGLAM JAPAN

協賛:株式会社 リクルートテクノロジーズ

株式会社 国際マイクロ写真工業社

協力:アカデミック・リソース・ガイド株式会社

 

                               以 上

2014092720140927_2


20140927pdfpdf



投稿者: jsas 投稿日時: 2014-9-19 14:00:29 (1191 ヒット)
印刷用ページ このニュースを友達に送る
Copyright © 2003-2018 The Japan Society for Archival Science. All rights reserved.