Search
Main Menu
ニュース : ICA年次大会、発表者公募開始のお知らせ

ICA年次大会、発表者公募開始のお知らせ

2013年11月20-24日、ICAの第1回年次大会がベルギー・ブリュッセルで開催されます。
http://www.ica.org/13986/annual-conference-news/brussels-annual-conference-call-for-papers.html

大会の全体テーマは「説明責任、透明性、情報へのアクセス」。
このたび、2013年11月23-24日(土-日)に予定されている専門家プログラムの発表者公募が始まりました。

プログラムのトピックは以下の通りです。

1. 政府、アーカイブズ、歴史に関与する市民
2. 権利の証拠を提供する記録
3. 法的諸問題
4. 説明責任、透明性、情報へのアクセスにおける/対するアーキビスト、レコードマネージャーの役割/貢献
5. 様々な試み(Initiatives)
6. アクセスの提供
7. 記録管理

発表はどなたでも可能、締め切りは2013年2月22日(金)です。ふるってご応募下さい。

・発表者募集の詳細(pdf)
・アブストラクト投稿の詳細(pdf)
・申請用紙(word)はいずれも
http://www.ica.org/13986/annual-conference-news/brussels-annual-conference-call-for-papers.html
からダウンロード可能です。

<概要>
・【重要】アブストラクト投稿の締め切りは2013年2月22日
・発表は全体テーマあるいはプログラム・トピックの1つ以上に合致していること
発表は単独でも、パネルの一員としてでも可能
・1パネルは2-3名のスピーカーから構成
・複数名でパネルを構成する場合は、主たるスピーカーがパネル全体を代表して申請を行う
・ 1つのプログラム=90分のブロック×3:ブロックは以下のどちらでも可能
 a.一貫したテーマで数名のスピーカーから成る1セッション
 b.45分で2セッション
   1セッション1名のスピーカー
   1セッション2-3名のスピーカー(相互に関連するテーマ)
   1セッション4-5名のスピーカー(それぞれ短い報告、ポスターなど)
・アブストラクトは400語以内(図表を含まず)
・言語:英語またはフランス語(原則として通訳なし)
・審査結果通知は2013年3月末頃

応募はメール(pdfファイルにアドレスが明記されています)のほか、オンラインでも申請が可能です。 http://mcrockett.co.uk/openconf/openconf.php

*会場・登録料などの詳細はまだ発表されておりません。

投稿者: jsas 投稿日時: 2013-2-3 13:30:32 (2259 ヒット)
印刷用ページ このニュースを友達に送る
Copyright © 2003-2018 The Japan Society for Archival Science. All rights reserved.