Search
Main Menu
2009年度第2回研究集会
【テーマ】 帝国の拡大とアーカイブズ

【共催】 日本アーカイブズ学会/科学研究費補助金基盤研究(A)
 「旧日本植民地・占領地関係資料ならびに原爆関係資料のアーカイブズ学的研究」

【日時】 2009年12月20日(日)
 午前の部 10:00〜12:00
 午後の部 13:15〜17:00
 受付開始9時半/入場無料

【会場】
 立教大学太刀川記念館(池袋駅下車徒歩10分)
 http://www.rikkyo.ac.jp/access/pmap/ikebukuro.html

【プログラム】
午前の部

 加藤聖文(国文学研究資料館)
 「問題提起:帝国の支配構造とアーカイブズ制度─連関性と補完性の視座─」

 鈴江英一(元国文学研究資料館)
 「辺境に蓄積するアーカイブズ─内国植民地北海道の文書における国家と地方─」

 高江洲昌哉(神奈川大学)
 「対馬島庁設置の史料学的接近」

午後の部

 東山京子(学習院大学大学院)
 「台湾総督府文書のアーカイブズ学的研究─皇太子訪台関係文書を中心に─」

 チェ・ウォンギュ(崔元圭)(釜山大学校)
 「朝鮮総督府が作成した土地関係帳簿の類型と性格」

 キム・ギョンナム(金慶南)(学習院大学)
 「旧帝国と旧植民地記録の再認識」


配布しました(PDF)。
プリンタ出力用画面 友達に伝える
Copyright © 2003-2017 The Japan Society for Archival Science. All rights reserved.